《デーモンの宣告(せんこく)/Archfiend's Oath》

永続魔法
1ターンに1度だけ、500ライフポイントを払い
カード名を宣言する事ができる。
その場合、自分のデッキの一番上のカードをめくり、
宣言したカードだった場合手札に加える。
違った場合はめくったカードを墓地へ送る。

 闇魔界の脅威で登場した永続魔法
 1ターンに1度カード名宣言デッキトップがそのカードであれば手札加え、違った場合は墓地へ送る効果を持つ。

 適当に宣言しても当たる可能性は低いので、当てようとするならばデッキトップ確認・操作するカードとのコンボが必要不可欠となる。
 残りのデッキ枚数が少なくなれば、デッキトップが分からなくても宣言したカード手札に加えられる確率が上がるため、デッキレシピは忘れないようにしたい。

 常にデッキトップを見える状態にする《天変地異》とのコンボが有名であり、これに特化して擬似的なドローエンジンとするのが【天変地異コントロール】である。
 他にも、自己再生時にデッキトップへ戻す《ゾンビキャリア》《エッジインプ・シザー》デッキトップサルベージする《鳳凰神の羽根》《執念の剣》等が挙げられる。

 また、わざと宣言を外すことで墓地を肥やす手助けをするという手もあり、【森羅】ではモンスター効果トリガーとして利用できる。
 【エクゾディア】では、《闇の量産工場》といったサルベージカード宣言し続けて、その過程で墓地へ送られたカードサルベージするという戦術も取れる。

 ただし、1回辺り500ライフコストがかかるため、あまり使い過ぎると自分の首を絞める事になる。
 また、永続魔法ゆえに除去に弱く、《魔法効果の矢》《ツインツイスター》等で《天変地異》とまとめて破壊される可能性もあるため、現在の環境ではアドバンテージ源として信頼に欠ける点は意識しておきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXの「十代vsタイタン」戦においてタイタンの手札に確認できる。
    発動されることはなく、《二重魔法》コストとして捨てられている。
  • コナミのゲーム作品において―
    宣言」参照。

関連カード

―名前関連

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カード名宣言するのはいつですか?
A:効果発動時です。
  なお、この効果チェーンブロックを作ります。

Q:このカードの効果自分デッキに入っていないカード宣言できますか?
A:はい、宣言できます。(13/11/22)


Tag: 《デーモンの宣告》 魔法 永続魔法 デーモン

広告