《ディフェンシブ・タクティクス/Defensive Tactics》

通常罠
自分フィールド上に「剣闘獣」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する場合のみ発動する事ができる。
このターン自分フィールド上に存在するモンスターは戦闘では破壊されず、
自分への戦闘ダメージは0になる。
発動後、このカードをデッキの一番下に戻す。

 EXTRA PACKで登場した通常罠
 剣闘獣が存在する場合に発動でき、自分モンスター戦闘破壊戦闘ダメージを防ぎ、デッキボトムに戻る効果を持つ。

 剣闘獣専用となった《和睦の使者》である。
 デッキの一番下戻るので再利用は難しいように見えるが、剣闘獣リクルート効果発動すればデッキシャッフルされる。
 この効果自体がリクルート効果発動を補助するものであるため、かなりの確率でシャッフルは行える。
 とはいえサーチ手段が乏しいため、デッキに戻ることに特別なメリットが見出しにくい。
 並べた剣闘獣エクシーズモンスターにした場合や直接攻撃に対応できないことを考えると、《和睦の使者》を優先したほうがよいだろう。

  • カード名を直訳すると、「護身術」である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:デッキ戻すのは、カードの発動直後ですか?効果解決後ですか?
  チェーン2で発動した場合、チェーン1の解決を行う前ですか?
A:効果処理終了時です。上記の場合、チェーン1の解決を行う前です。(08/09/13)

Q:デッキ戻す処理段階で場に無い場合、戻す処理は行われませんか?
A:行われません。(08/09/13)


Tag: 《ディフェンシブ・タクティクス》 通常罠

広告