《デコード・エンド》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「デコード・トーカー」1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンク先のモンスターの数によって、このターン以下の効果を適用する。
●1体以上:そのモンスターの攻撃力は、そのリンク先のモンスターの数×500アップする。
●2体以上:そのモンスターが戦闘で破壊したモンスターはダメージ計算後に除外される。
●3体:そのモンスターが戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動する。
相手フィールドのカードを全て破壊する。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場した通常魔法
 《デコード・トーカー》に、リンク先モンスターの数に応じた効果を付与する効果を持つ。

 「●1体以上」の効果《デコード・トーカー》自身の効果と同じ強化
 リンク先3カ所が埋まっていれば《デコード・トーカー》自身の効果と合わせ攻撃力は5300にまで上がる。
 リンク先に1体しかいない状態で使ってもこの効果で500上がるのみなので、可能な限りリンク先に多くのモンスターを出し、「●2体以上」の効果も合わせて狙いたい。

 「●2体以上」の効果戦闘破壊したモンスター除外
 破壊され墓地へ送られた場合の効果墓地発動する効果を封じる意義がある。

 「●3体」の効果モンスター戦闘破壊した場合の全体除去
 《デコード・トーカー》リンク先の都合上、この効果を使うには相手フィールドモンスターが存在する必要がある。
 自分《デコード・トーカー》リンク先壊獣などを送りつけておき、発動を狙いたい。
 ただ、この効果まで狙える場合、《デコード・トーカー》自身の効果と「●1体以上」の効果により、攻撃力は大きく上がっている。
 全体除去適用する前に、戦闘ダメージで勝利できる可能性は高い。

 また、相手フィールドに多くのカードがある場合、《デコード・トーカー》攻撃が通らない可能性も高い。
 大幅なアドバンテージの獲得を狙わず、数枚しかない場合でも狙っておきたいところ。

 《デコード・トーカー・エクステンド》の場合、「●1体以上」の強化2回攻撃により大きな戦闘ダメージを見込める分、《デコード・トーカー》よりも相性が良い。
 「●3体」の効果全体除去が成立した後の直接攻撃も決めやすくなる。

関連カード

イラスト効果関連

収録パック等


Tag: 《デコード・エンド》 魔法 通常魔法

広告