《デス・メテオ/Meteor of Destruction》

通常魔法
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
相手ライフが3000ポイント以下の場合このカードは発動できない。

 FLAMING ETERNITYで登場した通常魔法
 相手ライフが3000以下の場合に発動できない発動条件相手に1000ダメージ与える効果を持つ。

 単体のバーンカードとしては、初期ライフの8分の1を削れる最高峰の性能を持つ。
 ビートダウンデッキでは手札1枚で1000ダメージだと割に合わないが、【フルバーン】では「カード1枚あたり1000ダメージ」のコンセプトに合う。
 また、自分への被害がない点では《火炎地獄》にすら勝り、条件こそあるもののほぼ安定した火力となる。

 ただし、現在はファンデッキでも1ターンキル、もしくはそれに準じたダメージを叩き出せるデッキが多く、また展開したモンスター相手攻撃を防ぐ盾にもなる。
 さらに、《火炎地獄》自分へのダメージコンボに利用できる。
 それに対して、使い捨てで追加効果の無いこのカードは、バーンデッキであっても漠然と投入するだけでは単なる効果ダメージに終わってしまう。
 よって、相性の良いカードと併用し、上手く使っていきたい。

 《火炎地獄》とは無理に差別化するよりも、積極的に併用するのがいいだろう。
 通常魔法なので、《連弾の魔術師》効果も共有できる。
 また、【フルバーン】には致命的となる《封魔の呪印》を回避する意味でも分けて採用する意義はある。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」の「遊戯vs城之内(洗脳)」戦において、洗脳された城之内が使用。
    発動時遊戯のライフポイントは1000を下回っており、マリクは勝利を確信していたが、原作効果《精霊の鏡》によってコントロールを遊戯に奪われた。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードに何らかの効果チェーン発動して、チェーン処理中に相手ライフが3000以下になりました。
  この場合、このカード効果相手に1000ダメージを与える事はできますか?
A:はい。この場合、既に発動されているこのカード効果適用されます。(05/03/31)


Tag: 《デス・メテオ》 魔法 通常魔法

広告