《デステニー・シグナル/Destiny Signal》

通常罠
自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊され
墓地へ送られた時に発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「D−HERO」と名のついた
レベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した通常罠
 D−HERO《ヒーロー・シグナル》といえるカード

 戦闘破壊に限定されているものの、上級以下のD−HEROステータスが低く戦闘に弱いものばかりなので使いやすい。
 しかし、攻撃力の低いD−HERO下級モンスターの多くが《キラー・トマト》に対応しており、そちらで十分な場合が多い。

 《キラー・トマト》リクルート出来ず、こちらで可能なモンスターは、《D−HERO ディシジョンガイ》《D−HERO ディバインガイ》《D−HERO ドリルガイ》と、ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−における新規D−HEROに固まっている。
 リクルートによって《D−HERO ドリルガイ》誘発効果発動でき、《D−HERO ディシジョンガイ》上級以上のモンスターに対してはとなれる。
 《D−HERO ディシジョンガイ》《D−HERO ディバインガイ》墓地に置かれた際の効果も有するので、相手ターン中にリクルートして戦闘破壊される流れを含めても、後の展開には繋げられる。

 守備表示での特殊召喚も可能な点は《キラー・トマト》に勝る点であり、《D−HERO ディフェンドガイ》守備表示特殊召喚すれば後続の攻撃も防ぎ易い。
 自爆特攻から発動できるので、《D−HERO ドゥームガイ》《キラー・トマト》等と併せて使う手もある。

  • アニメでのイラストは窓の数などが多少異なっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デステニー・シグナル》 通常罠

広告