《デスマニア・デビル》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1700/守1400
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
デッキからレベル4以下の獣族モンスター1体を手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場した地属性獣族下級モンスター
 相手モンスター戦闘破壊した時、獣族下級モンスターサーチできる誘発効果を持つ。

 獣族にはレベル3以下をサーチリクルートする手段は多いが、このカードレベル4以下なので対象がより広い。
 レベル4には《レスキューキャット》《素早いビッグハムスター》等、キーカードになるモンスターも多いので、それらを主軸にするデッキのサポートとして重宝する。
 《レスキューラビット》や、スピリットといった特殊召喚できないモンスターサーチと割り切って使うことも考えられる。
 同名カードサーチ可能であり、複数積んでも腐りにくいが、攻撃力は1700と若干心許なく、戦闘補助は入れておきたい。
 代表的な《月鏡の盾》の他、獣族なので《幻獣の角》は迎撃にも使える他、サーチドローで一気にアドバンテージを稼ぐことができる。
 また相手モンスター墓地へ送る必要はないので、トークン送りつけも考慮できる。

 戦闘破壊を介するため、サーチしたモンスターを使えるのは基本的にメインフェイズ2となる。
 《ライバル・アライバル》召喚すればバトルフェイズ中の追撃は狙えるが、それ以外では利用が難しい。

 《魔獣の懐柔》《ミセス・レディエント》を出せば、このカード攻撃力は2200となり効果を通しやすくなる。
 残りの1体を《キーマウス》あたりにすれば、《ナチュル・ビースト》シンクロ召喚も可能。
 《キーマウス》《強制転移》等で送りつければレベル3以下の獣族も合わせてサーチできる。

  • カード名は「デス」+「タスマニアデビル」だろう。
    タスマニアデビルはオーストラリアのタスマニア島に生息する有袋類。
    この動物はとても奇妙な鳴き声をあげるのだが、その鳴き声が「悪魔のようだ」と気味悪がられ、死肉を食べる生態も相まって「デビル」という名が付けられたという。
  • 「デスマニア」「デビル」と禍々しい名前であるが、悪魔族ではなく獣族である。
    「デス」と名のついた、ほぼそのままの動物という特徴から、《デスハムスター》らと同じような存在なのだろうか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デスマニア・デビル》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1700 守1400

広告