《デビル・コメディアン/Fiend Comedian》

通常罠
(1):コイントスを1回行い、コインの裏表を当てる。
当たった場合、相手の墓地のカードを全て除外する。
ハズレの場合、相手の墓地のカードの枚数分、
自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した通常罠
 コイントスによって効果が決定し、当てれば相手墓地を完全に封殺し、ハズレなら自分墓地を肥やす効果を持つ。

 ノーコスト発動できるフリーチェーンであり、どちらの効果になっても損はない。
 相手の戦略を封じる目的や自分墓地カードを貯める目的で使う事ができる。
 どちらか片方を優先するなら、《セカンド・チャンス》確率を上げたいところ。

 ハズレなら急速に墓地を肥やせるため、【マジカルエクスプロージョン1キル】等のデッキで利用できる。
 【岩石族】【恐竜族】【爬虫類族】に投入するのも手だが、《メガロック・ドラゴン》《ディノインフィニティ》《邪龍アナンタ》自体が墓地へ落ちた時のために《死者転生》を用意したい。

 当たりなら相手墓地利用を封じられる。
 特に《現世と冥界の逆転》チェーンして発動し、当たりの効果がでれば1ターンキルも成立する。

 しかしギャンブルカードの宿命として、当たりとハズレの効果を選択できない欠点がある。
 どちらも大きな影響を及ぼす効果ではあるが、それらを適所で狙って行えないのは非常に痛く、有用度を下げている。
 除外効果《D.D.クロウ》のように刺すようなピンポイントのメタとして使用したいだけならば、ただの成功率が半分しかないカードになる。
 反対に墓地肥やし効果が序盤で出てしまうと枚数の少なさから影響が薄くなり、終盤で出ると自らをデッキデスで追い込む効果になってしまう。

 基本的に【アンデット族】【ライトロード】のような墓地依存度の高いデッキサイドデッキに入れ、相手墓地依存型のデッキだったなら積極的に使っていくと良いだろう。

  • 「コメディアン(comedian)」とは、元々は喜劇を演じる俳優の事である。
    しかし次第に、笑いをとるために様々な芸をする、お笑い芸人の事も指すようになった。

関連カード

―《デビル・コメディアン》が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》フィールドに出されているとき、このカード発動できますか?
A:《王宮の鉄壁》の場合は発動する事はできませんが、《マクロコスモス》の場合は可能です。(10/08/15)

Q:自分のデッキの枚数が相手の墓地の枚数を下回っている場合、発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/09/30)

Q:発動後、なんらかの効果によって自分のデッキの枚数が相手の墓地の枚数を下回った時、ハズレの場合はどうなりますか?
A:《デビル・コメディアン》の効果解決時に、自分のデッキの枚数が相手の墓地の枚数より少なくなった場合であっても、自分のデッキのカードを全て墓地へ送ります。(09/04/02)


Tag: 《デビル・コメディアン》 通常罠

広告