《デリンジャラス・ドラゴン》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻1600
【リンクマーカー:上/下】
ドラゴン族・闇属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手エンドフェイズに、このターン攻撃宣言をしていない
相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドに「ヴァレット」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 DARK NEOSTORMで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 攻撃宣言しなかった相手モンスター相手エンドフェイズ破壊して効果ダメージを与える誘発効果ヴァレット特殊召喚トリガーとして自己再生する誘発効果を持つ。

 リンク素材縛りと(2)の効果により、【ヴァレット】またはヴァレット出張採用したドラゴン族闇属性系統のデッキで使用する事になる。

 (1)は攻撃宣言しなかった相手攻撃表示モンスター相手エンドフェイズ破壊してその元々の攻撃力の数値のバーンを与える効果
 《威嚇する咆哮》など、攻撃宣言を封じるカードを併用することで発動条件を満たせる。
 もしくは攻撃宣言を強要できる効果と考え、《魔法の筒》などと併用しても良い。
 とはいえバトルフェイズに入る前にこのカードが存在すると、そうしたカードの存在を予想させるため、効果破壊される可能性が高い。

 エンドフェイズにこのカード蘇生帰還させる事で不意打ち的に発動を狙うのが現実的か。
 ヴァレットの共通効果エンドフェイズ発動するのでこの運用を狙える。
 無理に狙うよりかは、基本的に(2)の方を重視してこちらの効果は狙えたら狙う程度の考えでも良い。

 (2)はヴァレット特殊召喚トリガーとした自己再生
 共通効果《リボルブート・セクター》《クイック・リボルブ》等のサポートカードの存在によりヴァレット特殊召喚は容易。
 自己再生後は除外されてしまうため、使い切りのリンク素材として活用する事になるだろう。

 このカード墓地に存在している中でヴァレット自分から破壊することで、(2)の自己再生後に(1)の効果を使用できる状況になる。
 相手攻撃せざるをえない状況となるため、《魔法の筒》などを使いやすくなる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デリンジャラス・ドラゴン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 ドラゴン族 攻1600

広告