《デルタトライ/Delta Tri》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1200/守1000
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
次の効果から1つを選択して発動する。
●自分の墓地に存在する装備可能な
ユニオンモンスター1体を選択してこのカードに装備する。
●自分フィールド上に表側表示で存在する
機械族・光属性モンスター1体を選択してデッキに戻し、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 THE SHINING DARKNESSで登場した光属性機械族下級モンスター
 相手モンスター戦闘破壊する事により、2つの効果から1つを選んで発動できる。

 1つ目の効果墓地ユニオンを自身に装備させる効果
 攻撃力の補助をしても、除去が豊富な環境では対処されやすい。
 装備させるとすれば、破壊の身代わりとなりつつ後続をサーチできる《B−バスター・ドレイク》《マシンナーズ・ピースキーパー》が有力。
 《B−バスター・ドレイク》の場合、装備カード状態を解除すればエクシーズ召喚も可能。
 《トルクチューン・ギア》装備カード状態を解除することでレベル5をシンクロ召喚可能。
 《トライゴン》を装備して《ドラゴンレーザー》につなぐことも可能だが《ドラゴンレーザー》が腐りやすいカードなため少々扱いにくい。

 2つ目の効果は、光属性機械族を1ドローに変える効果
 ボード・アドバンテージを失って、ハンド・アドバンテージを稼ぐ効果である。
 「戦闘破壊」「光属性機械族デッキに戻す」という二重の条件がかかっているため、この効果もそうそう狙えるものではない。
 ただし自分自身を戻せるため、《リミッター解除》などのデメリット回避に使える。

 このカード自身の攻撃力はかなり低いので、何らかの補助がないと効果発動は厳しい。
 《月鏡の盾》《オネスト》なら扱いやすいといえる。
 しかし、1つ目の効果《ゲットライド!》を使えば済むものであり、2つ目の効果も使用するタイミングが難しく、発動条件のわりに物足りないものであるのは否めない。

  • コナミのゲーム作品において―
    元ネタは、KONAMIのシューティングゲーム「グラディウス外伝」に登場した同名の機体だろう。
    イラストも同ゲームに登場した時のグラフィックと同じデザインだが、残念ながら巨大戦艦では無いので、ゲーム中のように《ボスラッシュ》で出すことは出来ない。
    このデルタトライは同社のシューティングゲーム「トライゴン」の自機、スーパー戦闘機を元にしている。
    レベル攻撃力の低さ、効果等はこちらのスーパー戦闘機を再現していると考えていいだろう。
  • WCS2011においてはライディングデュエルの対戦相手として登場。
    デッキ名は「ドラゴンレーサー」。

関連カード

―《デルタトライ》の姿が見られるカード

装備可能なユニオンモンスター

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:ダメージステップ終了時発動する誘発効果です。(14/04/03)

Q:相打ちになった場合、効果発動できますか?
A:発動できません。(14/04/03)

Q:1つ目の効果対象をとる効果ですか?
A:はい、対象をとります。(10/02/22)

Q:2つめの効果デッキ戻す行為は効果処理ですか?
  対象にとっていますか?戻す行為とドローは同時扱いですか?
A:効果処理になり対象をとり、戻した後にドローする処理になるので同時ではありません。(10/02/22)

Q:このカード自身を2つ目の効果の対象に選択して、戻してドローすることはできますか?
A:はい、できます。(10/02/22)


Tag: 《デルタトライ》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 機械族 攻1200 守1000

広告