《デンジャラス・デストーイ・ナイトメアリー》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻2000/守3000
「エッジインプ」モンスター+「ファーニマル」モンスター×2
(1):このカードの攻撃力は自分ターンの間、
自分の墓地の天使族・悪魔族モンスターの数×300アップする。
(2):融合召喚したこのカードが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターのレベルの数だけ、「デストーイ」、
「ファーニマル」、「エッジインプ」モンスターをデッキから墓地へ送る。
(3):フィールドのこのカードを対象とする相手の効果が発動した時、
EXデッキから「デストーイ」モンスター1体を除外して発動できる。
その効果を無効にする。

 PREMIUM PACK 2019で登場した闇属性悪魔族融合モンスター
 自分ターン墓地天使族悪魔族の数に比例した自己強化を行う永続効果戦闘破壊したモンスターレベルの数だけデストーイファーニマルエッジインプデッキから墓地へ送る誘発効果、自身を対象とする効果無効にする誘発即時効果を持つ。

 融合素材エッジインプファーニマル2体。
 《デストーイ・ハーケン・クラーケン》よりもやや重いが、ファーニマル手札に来ることも多く、正規融合召喚は難しくない。
 《魔玩具融合》も狙えるが、墓地モンスターが減る点は(1)の効果と相性は悪い。
 《デストーイ・マイスター》自身とレベル2の悪魔族リリースして特殊召喚する事も狙える。

 (1)は墓地天使族悪魔族に比例する自己強化
 デストーイエッジインプファーニマルが該当する種族であり、融合素材にそれらを使うことを加味すれば、大きな強化を狙える。
 融合召喚し、融合素材墓地に揃っているなら2900となる。

 (2)は戦闘破壊したモンスターレベルと同数の墓地肥やし効果
 (1)の自己強化につながり、墓地エッジインプ効果の使用を狙える。
 ただ、レベルを持たないリンクモンスターなどと遭遇することも多く、能動的に使うなら壊獣なども併用するべきだろう。
 レベルの数「だけ」であるためデッキ内のデストーイエッジインプファーニマルが少なくなる終盤では使えないことも考えられるが、その場合は(1)で十分な攻撃力を得られていることが多いため、あまり気にならないだろう。

 (3)は自身を対象とする効果無効にする効果
 ターン中の発動回数の制限がなく、エクストラデッキデストーイ除外するだけで良いのでコストとしては軽いが、その後の展開に支障が出てくる。
 全体除去はもちろん、無効にするが破壊するわけではないため、1ターンに何度も使用できる《ダーク・アームド・ドラゴン》などには注意が必要である。

 (1)の強化で(2)の発動も狙いやすく、それにより更なる強化に繋がり、(3)の耐性相手の妨害からも守りやすい。
 最大の問題は(1)の強化自分ターンにしか適用されないため、相手ターンではあっさりと戦闘で攻略されてしまう事だろう。
 (3)の効果を使いすぎると後の展開に支障をきたす点も鑑みれば、出したそのターンで勝負を決めるのが望ましいが、その場合は(2)が活かしにくい。
 あるいはエクストラデッキコストと割り切り、このモンスターを徹底的に守り通す構築にするのも手か。

  • このデュエルが行われていたプールには、「GOD」の力を欲する人間達の記憶が球体として浮遊していた。
    このモンスターが自身を強化する際、その球体に髪を巻き付ける描写があり、ユーリはその様子を「他人の記憶を吸い取ってパワーアップする」と表現している。
  • 素良はこのデュエル中、難病で失った妹を「GOD」の力で取り戻そうと躍起になっていた。
    ユーリはこのモンスターを指し、「お前の心のさもしさが妹をそんなモンスターに変えている」と素良を非難している。
    このモンスターの髪型のデザインは、作中で描かれた素良の妹「美宇」のものとよく似ている。
  • 上記シーンで《スターヴ・ヴェネミー・ドラゴン》を戦闘破壊した際に8枚の墓地肥やしを行っているが、あちらはレベル7なので本来7枚の筈である。
    なお、7枚であろうが8枚であろうがデュエルの流れや最終結果には変わりはない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《デンジャラス・デストーイ・ナイトメアリー》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 悪魔族 攻2000 守3000 デストーイ

広告