《トークン》(ユーリ)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

ユーリ:『現れろ!飢えた牙持つ毒龍!
     スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン!』

 カードラボ JUMBLE FES.2016 女性限定大会参加賞・アンケート回答景品で登場したトークンカード
 イラストにはユーリと《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》が描かれている。
 このイラストインベイジョン・オブ・ヴェノムの店頭ポスターにも使われている。

  • 原作・アニメにおいて―
    シリーズ5作品目のARC-Vに登場するデュエリスト。
    アニメ版では融合次元の組織「アカデミア」の重要人物でもあり、赤馬零王の命によって他次元に侵略しては柚子・瑠璃・リンをアカデミアに連れ去ろうとしている。
    劇中では遊矢ユーゴユートとの関係が重要な設定となっている。(詳細は遊矢のページを参照)
    「僕」という一人称を用いる穏やかな語り口調だが、邪魔者や裏切り者のみならず世界中の人間全てのカード化を目論むなど、他の3人とは異なり極めて冷酷な性格をしている。
  • デュエルの実力は高く、各次元の強者を次々と破っている。
    口ぶりから察するに「vs遊矢」戦までデュエルで敗北したことは一度もなかったようである。
  • 柚子のブレスレットの力で強制的にワープさせられることが多いため、初登場が早かった割にデュエル回数は非常に少なかったが、3年目後半から急増した。
  • 設定上は上記の3人と瓜二つの外見とされており、劇中の人物はこの4人をよく取り違えている。
    しかし、それぞれ服装や髪型が大きく異なるため、視聴者には容易に見分けがつくようになっている。
    特に彼の場合、顔のパーツがほぼ遊矢と一致しているユートユーゴとは違い、ツリ目で眉毛が太めになっているなど顔つきの相違性が目立っている。
  • 上記の3人とは価値観の面でも違いが目立つ。
    他の3人がいずれもデュエルを楽しいものと考えるのに対し、ユーリは「勝負事である以上、笑顔になるのは勝者だけ」と考えている。
  • シンクロ次元でリンを連れ去る姿をユーゴに目撃された関係からか、上記3人の中でも特にユーゴと衝突するシーンが多く見受けられた。
    彼の事は任務遂行の際の邪魔者扱いしていたが、彼とのデュエルで勝利後に「今までで一番楽しめた。」と称賛した後、彼を吸収した。
  • ズァーク消滅後からは遊矢と一体になっており、ユーゴ・ユートと共に遊矢に味方している。
  • アカデミアでのポジションは明確にされていない。
    赤馬零王から直接任務を受ける、オベリスク・フォースからは様付けで呼ばれる、アカデミア内のシステムを操作できる権限があるなど、取り分け高い地位の人間のようだ。
  • エクシーズ次元派遣軍の総司令官であるエドに対しては「身の程を知れ」「カスが」とまで言い放っている。
    なお、エドはユーリの存在そのものを知らなかったようだ。
  • アカデミアを離反したジャン・ミシェル・ロジェは、アカデミアから来るデュエリストの中でもユーリの事を一番恐れていた。
  • 高い地位として描写される一方で、デニス・マックフィールド(オベリスク・フォースは彼とタメ口で話す)とは対等に話をしている。
  • 彼自身は他のアカデミアのデュエリストとは違い赤馬零王への忠誠心はあまり持っていないようである。
    「vs明日香」戦においても「自身が楽しいから命令を聞いている」旨を語っている。
  • 英語版ではオベリスク・フォースから呼び捨てで呼ばれており、「遊矢vsバレット」戦の最中に彼が現れた後ユーゴと戦うため後回しになった素良をオベリスク・フォースが捕縛し、その後に彼が命令を下しオベリスク・フォースが従う場面がカットされてる等対等の立場として描かれている(バレットも同様に呼び捨てにされている)。
  • 声は遊矢と同じ小野賢章氏が担当している。
  • 漫画版ARC-Vでは、遊矢の四重人格の一人として登場。
    冷酷な敵として扱われているアニメ版とは違い、最初から遊矢の味方となっている。
    普段は敬語で喋る穏やかな性格だが、怒りを感じた相手に対しては「僕は遊矢ほど甘くない」「僕が教育してあげましょう」などアニメ版のような過激な一面も見せる。
    中でも「妹の病気が〜」と泣き落としをしかけた素良に対する彼のセリフはアオリ文も含め読者たちに多大なインパクトを残しネタにされている。
    また、「僕が消えるとイケメン好きの彼女(柚子)が悲しむ」など、アニメには見られない天然さやコミカルな様子も見せている。
  • 余談だが、漫画版における彼の初デュエルは2016年3月掲載の第8話である。
    実はこの時点のアニメ版の彼はモンスター融合召喚しか行っている描写がないため、アニメで1年以上先に登場したにも関わらず実質的な初デュエルはアニメ本編よりも先に行われたという珍しい事例である。

関連カード

収録パック等

広告