《トークン》(ヨハン・アンデルセン)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

ヨハン:『飛翔べ、レインボー・ドラゴン!みんなの架け橋に!!』

 遊☆戯☆王の日 参加賞で登場したトークンカード
 イラストにはヨハン・アンデルセンと《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
    シリーズ2作目のGXに登場するデュエリスト。
    アニメではデュエルアカデミア・アークティック校のチャンピオンで、第3期に留学生の一人としてデュエルアカデミアにやってくる。
    デュエルを純粋に楽しむ性格や精霊を見ることができることから、出会ってすぐに遊城十代の親友となった。
    自らの使用する宝玉獣は自分の家族として大事にしており、宝玉獣達からも慕われている。
    使用するデッキは上記の通り【宝玉獣】で、エースカード《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》
  • ユベルに操られている間は、一度だけ三幻魔を主体とするデッキを使ったことがある。
    この際には《グレイブスクワーマー》宝玉獣主体の際にも通常罠《バスター・サウザンド》といった除去効果のあるカードも普通に使用していた。
    また、ユベルに取りつかれている時は、男性であるヨハンが同じく男性である十代に歪んだ愛情表現を含んだ台詞を話すなど、(当時)夕方6時放送のアニメとは思えない光景が流れていた。
    これが過激な内容であった為、当然海外では別の台詞に置き換えられている。
  • ペガサスは、作中でヨハンを遊戯海馬城之内・エドと並び、五本の指に入る実力と評している。
    (過去の回想における話題であり、まだペガサスと出会っていないこともあってか、十代はここに含まれていない)
    また、シリアスな局面でもデュエルを楽しむ姿勢を見せ、強敵に対しても物怖じしないその様は、「十代と似ている」と複数の人物から評されている。
  • フレイバー・テキストに書かれている台詞は、「十代&ヨハンvsマルタン(ユベル)」戦のものだろう。
    ただし、厳密には「レインボー・ドラゴン」と「とべ」は逆になっている。
  • 十代に「(カーバンクルについての)伝説って?」と聞かれ、「ああ!それってハネクリボー?」と答えてしまうなど、会話のキャッチボールが成り立っていない様子が時折見られる。
  • 初登場時はノース校からの留学生として紹介されたが、万丈目がノース校の代表だったことと矛盾してしまうためか、公式ホームページにてアークティック校へと変更された。
  • このキャラクターの声を務めた入絵加奈子氏は、同作でカミューラの声も担当している。
  • コナミのゲーム作品において―
    ゲーム作品では破壊を行うカードも普通に使用してくる。

関連カード

収録パック等

広告