《トークン》(赤馬零児(あかばれいじ)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

零児:「ペンデュラム召喚!!出現せよ!私のモンスター達よ!!」

 遊☆戯☆王の日 参加賞で登場したトークンカード
 イラストには、赤馬零児と《DDD死偉王ヘル・アーマゲドン》が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
    ARC-Vシリーズの登場人物で、レオ・コーポレーションの社長(アニメ内ではCEOとも描写されている)にして対融合次元デュエリスト部隊「ランサーズ」のリーダー。
    赤馬家とレオ・コーポレーションを捨てて融合次元の支配者となった父・零王を倒しスタンダード次元を守るため、あらゆる手段を講じている。
    頭脳明晰でデュエリストとしても優秀であり、わずか15歳でプロデュエリストとなっている。
    目的のためなら手段や方法を選ばない非情な側面が目立つが、榊遊勝を心から尊敬し彼を罵倒する者を一喝するなど、紳士的な一面もある。
    また、経営者ならではの行動力や話術も備え、シンクロ次元では最高機関である行政評議会といち早く接触し、交渉を成功させている。
    一人称は「私」だが、3年前及び零王との久々の対面後の一部の場面で「僕」と言っている。
  • 儀式召喚のみ使用していないが、公式ホームページの「超熱血デュエル塾 講義38」によると「使えないのではなく使わないだけ」とのこと。
  • 作中では圧倒的な強さを誇り、危うくなる場面も存在するが無敗であった。
    ズァークとの戦いで作中において初の敗北を迎えている。
  • ARC-Vの登場人物が多いこともあり、他のメインキャラ達と比べて彼のデュエル回数は8回と少ない。
    ライバルキャラクターとして見た場合、歴代作品の中でも最も少ないペースである。
  • 零児の声を担当している細谷佳正氏は、過去のアニメ作品においても、5D'sでディック・ピット、ZEXALシリーズでIV(フォー)の声を担当していた。
    それぞれ、ダークシンクロ召喚エクシーズ召喚を使った人物である。
  • 余談ではあるが、どの人物も使用カードOCG化される場合、限定カードとして登場する事が多い。
  • 漫画ARC-Vでは基本的な性格は変わらないが、遊矢と同様過去の記録が一切なくどこから来たか謎の存在となっている。
    素良曰く、零児が現れてから「レオ・コーポレーションが出来上がり、(零児が)この街のソリッド・ヴィジョンを掌握した」らしい。
  • こちらでは「零」という言葉を繰り返し使用しており、一種の口癖になっている。
    使用カードや戦術も相手守備力ペンデュラムスケールなど特定の数値を0にすることを活かす仕様になっている。

関連カード

収録パック等

広告