《トークン》(Playmaker)

カードラボ JUMBLE FES.2018配布分)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

Playmaker:『今、一つとなりて、新たなる伝説となれ!融合召喚!
 サイバース・クロック・ドラゴン!!』

特製トークンカードプレゼントキャンペーン配布分)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

Playmaker:『未知なる力が飛竜乗雲となる!シンクロ召喚!
 降臨せよ!サイバース・クアンタム・ドラゴン!!』

20th ANNIVERSARY DUELIST BOX収録分)

このカードはトークンとして使用する事ができる。

Playmaker:『バトルだ!いけ!デコード・トーカー!「デコード・エンド」!!』

 カードラボ JUMBLE FES.2018で登場したトークンカード
 イラストにはPlaymakerと、彼の使用するモンスターが描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ第6作「遊☆戯☆王VRAINS」の主人公・藤木遊作のVR空間でのアバター名。
    10年前に鴻上博士が引き起こしたロスト事件(ハノイプロジェクト)の被害者の1人であり、それに関与していた組織であるハノイの騎士へ戦いを挑み、ロスト事件の真相を知るために動いていた。
    ハノイの騎士に関する情報を探す中で、彼らが追う「闇のイグニス」の存在を知り、「ハノイの騎士に対抗できる切り札になるかもしれない」という理由でAiを先んじて捕獲したことにより、彼の物語は本格的に始動する。
    ロスト事件での出来事は彼のトラウマであり、自身を「復讐の使者」と称するほどにハノイの騎士には敵意を抱いていたが、「vsリボルバー」(4戦目)でロスト事件の真相を知り、復讐の終了を宣言している。
    第2部からは、自身の協力者である草薙翔一の弟・仁の意識を光のイグニス・ライトニングらが率いる集団にデータとして奪われたことをきっかけに新たな戦いへ身を投じ、Ai以外のイグニスを統合したボーマンを撃破してイグニスとの戦いを終結させた。
    第3部では自分から離れたAiがSOLテクノロジーを襲撃したことでAiとの戦いとなっていく。
  • 遊戯王主人公では初となる、特定の種族に偏ったデッキ構築である。
  • デュエルの戦績は、明確な描写がされたものでは引き分けが3回あるものの、遊星と同様に敗北が1度もない。
    この引き分けは「vsリボルバー」戦の1・3戦目と「vsボーマン」戦の3戦目で、いずれもスピードデュエルである。
    ただし過去の回想におけるロスト事件で隔離された空間において、AIとのデュエルで何度か敗北した描写がされている。
  • 劇中で行ったデュエルの回数は29回で、歴代主人公の中でも最小回数である。
    特に2年目以降は、準主人公の尊/Soulburnerを筆頭に他のデュエリストのデュエルが話の中心になることが多かったのと、1回のデュエルが2〜3週に分けて行われたことが多かったためデュエルを行う頻度が減少しており、3年目に至っては「vsコピーAi」戦と「vs Ai」戦の2回(省略されているものを除くと「vs Ai」戦の1回)しかデュエルを行なっていない。
    また、アニメVRAINSの放送期間が2年半弱と歴代シリーズに比べて短く、デュエル自体が行われない回が割合として多かったことも理由として挙げられる。
  • 遊戯王シリーズの主人公としては、タッグデュエルやバトルロワイアルといった3人以上で行うデュエルを経験しなかった初のキャラクターである。
    なお、遊作本人は「デュエルは1対1で行うもの」と発言したことはあるが、1対1を好むなどの明確な描写はなかった。
    また、遊矢と同様、デッキ破壊を受けたこともない。
  • ロスト事件で自身のデュエルを元に生まれたAiに対しては、当初は人質として扱うなどお世辞にも仲が良いとは言えなかったのだが、その後の交流の中で徐々に信頼関係を結ぶ様になる。
    しかし、他のイグニスが消滅してしまったことが原因からか遊作の元からAiはいなくなってしまい、AiがSOLテクノロジーを襲撃したことで対立することになってしまった。
    「vs Ai」戦では遠回しな表現ではあったが、自身と対立してもなおAiを仲間と認める発言をしている。
  • 「vs Ai」戦でPlaymakerが使用した通常魔法《ドラスティック・ドロー》のイラストにPlaymaker本人が描かれている。
  • 「playmaker」は、スポーツでチームの指揮を執る人物の事を指し、一般に「司令塔」と呼ばれる。
    草薙の回想でも「ハノイと戦う司令塔となった」と語られている。
    また、「play」と「maker(make)」に分けて漢字に変換すると「遊作」にもなる。
  • 自分の考えや意見を述べる時には3つの回答を出すことが多いが、これはロスト事件の間、心が折れそうになった自分を「3つ考えることを忘れないで」と励ましてくれた了見(リボルバー)の言葉によりアイデンティティーが形作られたためである。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

―Playmaker+《サイバース・クロック・ドラゴン》

―Playmaker+《サイバース・クアンタム・ドラゴン》

―Playmaker+《デコード・トーカー》

広告