《トイポット/Toy Vendor》

永続魔法
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
確認したカードが「ファーニマル」モンスターだった場合、
手札からモンスター1体を特殊召喚できる。
違った場合、そのドローしたカードを捨てる。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「エッジインプ・シザー」1体または
「ファーニマル」モンスター1体を手札に加える。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した永続魔法
 1ターンに1度カードドローし、それがファーニマルだった場合、モンスター特殊召喚する効果、自身が墓地へ送られた場合、モンスターサーチする効果を持つ。

 (1)の効果で展開できるが、ファーニマル以外を引いた場合は2枚のディスアドバンテージを負うため、かなり不安定である。
 (2)のサーチ効果はどこから墓地へ送ることでも発動できるため、同名カードを(1)の手札コストにしたり、《おろかな副葬》などで直接デッキから墓地へ送るのも良いだろう。

 基本的には、専用コンボカードである《ファーニマル・ベア》《ファーニマル・ウィング》と併用することになる。
 手順は以下の通り。

  1. 手札《ファーニマル・ベア》墓地へ送りデッキから《トイポット》をフィールドセットし即座に発動
  2. 《ファーニマル・ウィング》手札コストに《トイポット》の(1)の効果で1枚ドロー。(ファーニマルでなければ捨てる
  3. 《ファーニマル・ウィング》効果墓地の自身と《ファーニマル・ベア》除外し、1枚ドロー
    さらにフィールドの《トイポット》を墓地へ送り1枚ドロー
  4. 墓地へ送られた《トイポット》の(2)の効果ファーニマルまたは《エッジインプ・シザー》サーチ

 《ファーニマル・ベア》《ファーニマル・ウィング》を3枚の手札に変換できる高性能なドロー加速コンボとなる。
 (1)の効果の結果次第で、さらに1枚のドローまたは墓地肥やしとなる。
 また、ファーニマル《ファーニマル・ドッグ》サーチできるため、コンボパーツも揃えやすい。
 コンボの最後に《ファーニマル・ベア》《ファーニマル・ドッグ》サーチしてくることで、2度目・3度目のコンボ起動も狙える。

 【ファーニマル】ではドローエンジンおよび展開の起点となる。
 ファーニマル以外の主力となる《エッジインプ・シザー》《エッジインプ・チェーン》はどちらも墓地発動効果を持つため、手札コストやこのカードドローしてしまっても無駄になりにくい。
 また《エッジインプ・シザー》《エッジインプ・ソウ》デッキトップ操作能力との併用により、確実にファーニマルを引き当てるコンボも可能である。

 墓地発動効果の多いデッキ《ファーニマル・ベア》《ファーニマル・ウィング》《ファーニマル・ドッグ》と共に出張させてもよい。
 またファーニマルモンスター以外は、「ドローして手札から捨てる」処理になるので、暗黒界のような一部のモンスタートリガーにもなる。
 手札コストトリガーにしやすい魔轟神とはコンボしやすい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢vs素良」(1戦目・2戦目)で素良が使用。
    2度のデュエルで合計4回効果発動しているが、デッキトップ操作等は一切していないにもかかわらず一度も失敗していない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/07/19)


Tag: 《トイポット》 魔法 永続魔法

広告