《トゥーン・ゴブリン突撃部隊(とつげきぶたい)/Toon Goblin Attack Force》

トゥーンモンスター
星4/地属性/戦士族/攻2300/守   0
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚したターンには攻撃する事ができない。
自分フィールド上に「トゥーン・ワールド」が存在し、
相手フィールド上にトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
フィールド上の「トゥーン・ワールド」が破壊された時、このカードを破壊する。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になり、
次の自分のターンのエンドフェイズ時まで表示形式を変更する事ができない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−で登場した地属性戦士族下級トゥーンモンスター
 トゥーン化された《ゴブリン突撃部隊》

 元々《ゴブリン突撃部隊》は高い攻撃力で即座に攻撃する奇襲性が最大のメリットである。
 ゆえに、直接攻撃できるメリット以上に召喚ターン攻撃できないデメリットが目立つ。
 《トゥーンのもくじ》サーチできるメリットもあるが、あちらにも《増援》がある。
 一応【スキルドレイン】では、デッキ圧縮を行なえる4枚目の《ゴブリン突撃部隊》としての運用が見込める。

 では【トゥーン】で使えるかというと、トゥーン直接攻撃主体であるために攻撃力面が少々高くても大きな利点にならず、このカードを使うメリットは乏しい。
 攻撃力はやや下がるものの、攻撃メリット効果を得られる《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》などのほうが長期的に見て有用なことが殆どである。
 デッキの構成上強制守備表示化のデメリットもあるため、優先順位は低い。
 ただ、【トゥーン】では比較的陥り易い「高攻撃力相手モンスターに並ばれた状態で《トゥーン・キングダム》耐性を活かし直接攻撃を行いたいが、サンドバッグになるのが怖い」場合には、このデメリットも有効に働くのでそれを想定するならば1枚挿しておくのも戦略である。

関連カード

―ゴブリン部隊

収録パック等


Tag: 《トゥーン・ゴブリン突撃部隊》 トゥーンモンスター 効果モンスター モンスター 星4 地属性 戦士族 攻2300 守0 トゥーン ゴブリン

広告