《トマボー/Inmato》

効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1400/守 800
このカード以外のフィールド上の植物族モンスター1体が
相手の魔法・罠カードの効果の対象になった時、
このカードをリリースして発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

 CRIMSON CRISISで登場した闇属性植物族下級モンスター
 このカード以外の植物族相手魔法・罠カード効果対象になった時、このカードリリースする事でドローする誘発即時効果を持つ。

 誘発即時効果カードドローすることができる珍しい効果を持っている。
 魔法・罠カードによって対象になったモンスター破壊される必要はなく、ただ対象になるだけでこのカードの効果が使える。
 対象になった植物族フィールドに残った場合はアドバンテージになり、残らなくても2枚のドローで損失を補える。

 だが、自身以外が対象かつ相手魔法・罠カードのみという条件のため、実際にドローできることは少ない。
 相手からの魔法・罠カードに限定されるので、そういったものは必然的に《精神操作》《次元幽閉》など、こちらのモンスターを減らすものが多くなる。
 それらのカードに対しこの効果を使う場合、2枚のドローと引き換えに、このカードを含むモンスターを2体失うことになる。

 相手発動した「対象をとる魔法・罠カード」の種類によってはアドバンテージにもなることもあるが、以上の様に基本的に2:2交換になることがほとんどである。
 発動タイミングを能動的に満たすことができない分、効果の扱いは極めて難しい。

 効果の使い勝手は度外視し、《プチトマボー》リクルート先としてデッキに投入するのが賢明だろう。
 《プチトマボー》共々、同じ種族属性・トマト繋がりの《キラー・トマト》からリクルートできる事は覚えておきたい。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「遊矢vsジャックvsBBvsサンダース」戦において遊矢が使用した速攻魔法《EMガード・ダンス》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    アーケードゲーム「脳開発研究所クルクルラボ」で登場するキャラクター「トマ坊」と全く同じ容姿をしている。
    イラストでは、ボロな服を着て鎖と鉄球で繋がれ、檻に閉じ込められている。
    いたずらのし過ぎで逮捕されてしまったのだろうか。

関連カード

―《トマボー》の姿が見られるカード

―元ネタ関連

収録パック等

FAQ

Q:植物族モンスター1体の他に、別のカード対象魔法・罠カード発動した時、このカードの効果発動する事はできますか?
A:いいえ、できません。(10/02/26)

Q:既に表側表示《ブレイズ・キャノン》によって「《トマボー》以外の植物族」が対象となった際《トマボー》の効果発動できますか?
A:はい、植物族効果の発動対象になった際に《トマボー》の効果発動できます。(13/05/26)

Q:《大嵐》によって「チェーンブロック1:相手《鎖付き爆弾》破壊効果(《トマボー》以外の植物族対象)」「チェーンブロック2:相手《風魔手裏剣》ダメージ効果」とチェーンが積まれました。
  《トマボー》の効果チェーンブロック3にて発動できますか?
A:チェーンブロック3に《トマボー》の効果発動する事はできません。(13/05/24)


Tag: 《トマボー》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 植物族 攻1400 守800 トマボー

広告