《トライゲート・ウィザード》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:上/左/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、
そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−で登場した地属性サイバース族リンクモンスター
 相互リンクしているモンスターの数によって、相互リンクしているモンスター戦闘ダメージを倍にする永続効果フィールドカード1枚を除外する起動効果カードの効果発動無効にして除外する誘発即時効果を得る。

 リンク素材にはトークン以外のモンスターを要求する。
 トークンは直接素材にできないため、トークンを使う場合はリンクモンスターを経由して出すことになる。

 リンクマーカーは左右上に向いており、効果はいずれも相互リンクが前提となる。
 メインモンスターゾーンに出し、下か左右にリンクマーカーを持つモンスターとの併用が前提となる。
 特に3体のモンスターとの相互リンクを行うにはエクストラモンスターゾーンの下のメインモンスターゾーンに出す必要がある。
 下向きのリンクマーカーを持つリンクモンスターエクストラモンスターゾーンに出し、その下にこのカードを出すことで相互リンクしているモンスターを1体の状態にはできる。

 相互リンクが1体以上の場合、相互リンクしているモンスター相手モンスター戦闘を行い戦闘ダメージを与えた場合、そのダメージは倍になる。
 大きなダメージを与えるなら他の強化弱体化を併用したい。
 相互リンクできるモンスターの中の最大攻撃力《ヴァレルロード・ドラゴン》の3000。
 次点は《剛鬼デストロイ・オーガ》の2800である。

 相互リンクが2体以上の場合、フィールドカード除外する効果を得る。
 ノーコストかつ除外するカードの種類を問わないため安定してアドバンテージを稼げる。
 基本的にこの効果を主軸として運用することになる。

 相互リンクが3体の時の場合、効果の発動無効にし、無効にしたカード除外する効果を得る。
 無効するカードの種類や、効果発動した場所を問わない。
 さらに除外するため、墓地発動する効果を持つカードにも強い。

 使うのであればカード・アドバンテージを得られる「●2体以上:」の効果を得たい。
 しかしその場合、このカードの展開に加えて2体のリンクモンスターが必要となる。
 とはいえトークンを4体以上出せるカード《RAMクラウダー》があれば条件を整えるのは容易。

  1. トークン1体で《リンク・スパイダー》トークン2体で《プロキシー・ドラゴン》、残りトークン1体で《リンク・スパイダー》を出す。
  2. 《プロキシー・ドラゴン》《リンク・スパイダー》を素材にこのカードリンク召喚
  3. 《RAMクラウダー》召喚し、自身をリリースして《プロキシー・ドラゴン》蘇生
  • 名前の由来は、トランジスタの一種「トライゲートトランジスタ」だろうか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トライゲート・ウィザード》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 サイバース族 攻2200

広告