《トラップ・スタン/Trap Stun》

通常罠
(1):このターン、このカード以外のフィールドの罠カードの効果は無効化される。

 RAGING BATTLEで登場した通常罠
 フィールド罠カード効果無効にする効果を持つ。

 《強引な安全協定》のほぼ上位互換
 発動ターンのみだがあらゆる罠カード無効にすることができ、「使いきり《王宮のお触れ》」とでも言うべき1枚である。
 こちらは他の自分罠カードとの共存及び表側表示罠カードにも対応できる。

 ロックコンボを形成している永続罠無効にするほか、このカード適用後で発動される通常罠カウンター罠も潰す事ができる。(発動は阻害しない)

 自分ターンですぐに発動できる《撲滅の使徒》《ナイト・ショット》に対し、即効性で劣る。
 しかも《ナイト・ショット》は、対象フリーチェーンカードだったとしてもチェーン発動を許さない。
 とはいえ、こちらは前述のカードと違いフリーチェーンである・複数の罠カード無効化できるなど、相互互換と言っても過言ではない。

 あくまで一時的な抑制であり、チェーン発動しなかった場合(擬似カウンターとして機能しなかった場合)はディスアドバンテージである点は忘れないように。
 自分ロックすり抜けには便利だが、相手ロックコンボを破るには《サイクロン》の方が向いていることが多い。

 その性質上、そのターン相手ライフを削りきりたい時に使うと良い。
 このカードカウンターされる恐れはあるが、お互い罠カードだけが無効化されるので罠カードのみの擬似《大寒波》のような使い方ができる。
 アドバンテージを度外視してでも1ターンキルを狙うデッキにはもってこいである。
 また、万が一速攻魔法効果モンスター等で凌がれて相手ライフが残っても、次の相手ターンにはこちらが罠カードで守りを固めることができる。
 以上のことから罠カードの多いデッキでもさほど問題なく使用できる。

 また、魔法・罠カードの大量除去が可能なデッキでも有効な選択肢となる。
 魔法・罠カードを大量除去する際の最大の問題として、そのような状況ではそもそもそのカード効果の発動が許されにくい点があるが、このカード発動した上で実行すればそのリスクはかなり抑えられる。

  • 「スタン(stun)」とは、「失神、衝撃」を意味する名詞であると共に「うろたえさせる、気絶させる」という動詞でもある。
    フィールド罠カード失神、気絶させる、といったところだろうか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上で発動した罠カード効果処理時フィールド上に存在しない場合も効果無効になりますか?
A:はい、無効になります。(09/03/02)


Tag: 《トラップ・スタン》 通常罠

広告