《トラップトリック》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、
その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

 SOUL FUSIONで登場した通常罠
 デッキから通常罠セットする効果を持つ。

 デッキから任意の通常罠1枚をセットでき、さらに即座に発動可能である。
 罠カード手札に加えた場合はセットして次のターンにならないと使えなかったが、このカードならサーチして即座に使用できる。
 このカード自体が罠カードなのでセットして1ターン待たねばならない点は変わりないが、サーチセットしたカードエンドサイク破壊されるといったリスクは減っている。
 ただし、同名カード1枚を除外する必要があるため、制限カードデッキに1枚しか残っていないカードセットできない。

 特定の通常罠キーカードとするデッキサーチ要員として採用できる。
 特に【毒蛇神ヴェノミナーガ】では《蛇神降臨》サーチでき、既にある場合は《毒蛇の供物》などもサーチ対象にできるため相性がいい。
 【バスター・モード】でも、サーチ後にセットすると、エンドサイク破壊される弱点を補う事ができ、《デスカイザー・ドラゴン/バスター》蘇生能力にもすぐ繋げられる。
 【マテリアル1キル】における《チェーン・マテリアル》サーチ手段としてもコンボ成立に大きく寄与するだろう。

 また、フィールド魔法を主軸に戦うデッキでも《メタバース》とともに採用できる。
 相手の特殊召喚効果チェーンして《激流葬》セットすれば、即座に相手のモンスター破壊できる。
 他にも、全体除去チェーンして《やぶ蛇》セットし、破壊された場合の効果を使うということも可能。
 ただ、複数の通常罠を使い分けようとするとデッキの枠を大きくとってしまうため、使う場合はどれを優先するかよく考えて採用したい。

 【バージェストマ】では《バージェストマ・オパビニア》サーチできない罠カードデッキからセットする役割が期待できる。
 このカード自体が罠カードなのでバージェストマを展開するカードとして使うこともできる。
 【メタファイズ】では《メタファイズ・アセンション》除外する事でサーチをしつつセットできるので1枚のアドバンテージとなる。
 ただし、除外された場合の効果を使ったターンセットした《メタファイズ・アセンション》発動はできなくなる。

 罠カード主体の【フルバーン】においては、《裁きの天秤》《無謀な欲張り》といったドローソース《仕込みマシンガン》《仕込み爆弾》といったダメージソース、《和睦の使者》《威嚇する咆哮》といった防御要員を状況に応じて使い分けられる。
 「このカード発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。」というデメリットがあり、チェーンカードは相性が悪そうに見えるが、このカードの制限が適用されるのは効果処理時であるため、直接このカードチェーンすればよいためあまり問題にはならない。
 チェーンカードセットする場合は、相手ターンエンドフェイズ発動すれば自分ターンに安全に発動できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《トラップトリック》 通常罠

広告