《トラファスフィア/Troposphere》

効果モンスター
星6/風属性/鳥獣族/攻2400/守2000
このカードをアドバンス召喚する場合、
リリースするモンスターは鳥獣族でなければならない。 
このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り
罠カードの効果を受けない。 

 V JUMP EDITIONで登場した風属性鳥獣族上級モンスター
 アドバンス召喚のためのリリースを制限する召喚ルール効果罠カード効果を受け付けない永続効果を持つ。

 アドバンス召喚時にリリースするモンスター鳥獣族に限定されている。
 よって、このカード【鳥獣族】での使用が主になるだろう。
 なお、特殊召喚に際しては制限はないので、蘇生帰還等は自由である。
 また、《始祖神鳥シムルグ》《死皇帝の陵墓》効果でも召喚は可能である。

 罠カード効果を受けないので《次元幽閉》《サンダー・ブレイク》《激流葬》《奈落の落とし穴》等は恐れる必要がない。
 ただし、単に相手罠カードを防ぐ目的ならば、同レベル・同攻撃力リリースの指定もなく、また他のモンスターも併せて守れる《人造人間−サイコ・ショッカー》の方が優秀である。
 アドバンス召喚に制限がかかっている事を踏まえてなお利用する価値が出るよう、種族属性を踏まえてデッキ構築したい。

 《人造人間−サイコ・ショッカー》と比較して、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の脅威にさらされないのは安心して使える。
 また、罠カード効果を受けないだけで、発動ができなくなるわけではないので、自分罠カードによってこのカードを含めた自軍をサポートするのには支障ない。
 《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》の影響下で一方的に攻撃したり、《ゴッドバードアタック》コストとして使用可能。

 さらに《人造人間−サイコ・ショッカー》と共に採用すれば、両者は《ダーク・シムルグ》コストに使えるという利点がある。
 あらかじめ伏せられていた罠カードに弱い《ダーク・シムルグ》を両者で補うデッキを作るのも面白いだろう。

 リリース1体で召喚できる鳥獣族上級モンスターとしては、《風帝ライザー》《神禽王アレクトール》に次ぐ選択肢となる。

  • カード名は「対流圏」を意味する「troposphere」からだと思われる。
    英語名はそのまま使われている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:セットされた鳥獣族リリースして召喚できますか?
A:はい、できます。(10/08/06)

Q:鳥獣族以外をリリースしてセットはできますか?
A:いいえ、できません。(10/08/06)

Q:このカードを、《ゴッドバードアタック》などでコストにすることはできますか?
A:はい、できます。(10/08/06)


Tag: 《トラファスフィア》 効果モンスター モンスター 星6 風属性 鳥獣族 攻2400 守2000

広告