《トランシケーダ》

チューナー・効果モンスター
星3/地属性/昆虫族/攻 800/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分フィールドに「ヌケガラトークン」(昆虫族・地・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンがモンスターゾーンに存在する限り、
自分は昆虫族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 IGNITION ASSAULTで登場した地属性昆虫族下級モンスターチューナー
 特殊召喚に成功した場合、ヌケガラトークン特殊召喚する誘発効果を持つ。

 トークン精製能力を持つが、トークンが存在する限り昆虫族以外のモンスターエクストラデッキから特殊召喚できなくなる。
 そのため、ヌケガラトークンを素材に昆虫族特殊召喚するのが基本的な運用となる。
 自身がチューナーなので昆虫族レベルシンクロモンスターを即座にシンクロ召喚できる。
 このカードヌケガラトークンシンクロ召喚可能なのは《B・F−突撃のヴォウジェ》《Desert Locusts》の2体。
 ただし《Desert Locusts》自分ターンシンクロ召喚すれば自身にハンデスが発生する。
 なお、《地底のアラクネー》レベル6だが、チューナー闇属性指定なのでシンクロ召喚するには属性変更が必須となる。

 リンク召喚も可能であり、対応するのは《甲虫装機 ピコファレーナ》《エクスクローラー・ニューロゴス》《エクスクローラー・シナプシス》《虫忍 ハガクレミノ》の4体。
 またもう1体カード名が異なるモンスターが存在すれば、《熾天蝶》リンク召喚できる。
 しかし、リンク召喚を目的として昆虫族を2体並べるだけならば、同じ条件で並べられリンク先に縛りのない《ブロック・スパイダー》が存在する。
 また、《B・F−毒針のニードル》《B・F−必中のピン》サーチして特殊召喚すれば殆ど同じ動きができ、こちらは通常召喚にも対応し《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚も可能。

 よく使われるレベル3・地属性昆虫族チューナーには《ナチュル・バタフライ》が存在し、あちらは攻撃無効にできる。
 【昆虫族】は他種族シンクロモンスターリンクモンスターにも戦線を委ねる事が多いため、迂闊に効果発動するとこのカード縛りが重く響いてくる場面も多い。
 このカードを使う場合は、エクストラデッキから昆虫族を出したい場合は効果発動し、そうでない場合は効果発動しないといった使い分けが重要となる。

 総合的に考えると、このカードの主な活躍の場は、主力がエクストラデッキ昆虫族に偏りがちで制約も重複する【B・F】となるだろう。
 B・Fにはレベルチューナーが存在しないため役割が被りにくく、《B・F−早撃ちのアルバレスト》によりこのカード効果発動させるのも容易。
 ただし、風属性で統一されたB・Fとは属性が合わない点にのみ注意したい。

 何らかの手段でヌケガラトークンコストリリースに当てることで、制約を解除する手も考えられる。
 《孵化》《アリの増殖》リリースに使えばレベル7のシンクロ召喚リンク3のリンク召喚など、より多彩な動きが可能になる。
 他には《ナチュルの神星樹》とは相性がよく、ヌケガラトークンリリースして植物族リクルートできる他、植物族リリースしてこのカード特殊召喚することで効果発動トリガーにもなる。

 変わったところでは、攻撃力800・守備力1000であり家臣モンスターステータスが一致している為、それらのサポートを得られる。
 《天帝従騎イデア》などで特殊召喚すれば、3体のリリースフィールドに揃えられる。
 エクストラデッキからの特殊召喚以外に制限もないため【アドバンス召喚】に採用するのも良いだろう。

  • カード名は、「超越する」「別の状態へ」を意味する「トランス/trans」と、セミを意味する「シケーダ/cicada」を掛けている。
    イラストでは虹色の羽根をもつセミが羽化している様子が描かれている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トランシケーダ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 地属性 昆虫族 攻800 守1000

広告