《トランス・デーモン/Trance Archfiend》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1500/守 500
1ターンに1度、手札から悪魔族モンスター1体を捨て、
このカードの攻撃力をエンドフェイズ時まで500ポイントアップする事ができる。
自分フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
ゲームから除外されている自分の闇属性モンスター1体を選択して手札に加える事ができる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 ORDER OF CHAOSで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 手札悪魔族モンスター1体を効果捨てることで自己強化する起動効果と、破壊され墓地に送られた時に除外された闇属性モンスターを回収できる誘発効果を持つ。

 1つ目の効果は、手札を消費して自身を強化する効果
 自身の効果攻撃力を2000まで上昇させることができるが、手札捨てる必要があり、かつ悪魔族モンスターに限定されているため、やや扱いづらい。
 強化効果発動ターンしか持続せず、属性種族にこだわらず攻撃力2000のアタッカーを必要としている場合は、《ジェネティック・ワーウルフ》等の方が使用しやすい。
 一方、手札から悪魔族捨てる行為は、コストではなく効果として扱われるので、暗黒界モンスター効果トリガーとして使用できる。
 自己強化はオマケと考えて、基本的にはこの点の方を活かしたい。

 2つ目の効果は、除外されている、闇属性モンスター手札に回収する効果
 発動トリガーは「破壊され墓地に送られた時」であり、《マクロコスモス》等とはコンボできないが比較的に条件を満たしやすい。
 闇属性モンスターは、カオス特殊召喚コスト《闇の誘惑》等で除外される機会は多く、回収対象には困らない。
 イラストにも描かれている除外デメリットを持つ《A・ジェネクス・バードマン》《バトルフェーダー》墓地モンスター除外する《ダーク・ネクロフィア》《ダーク・アームド・ドラゴン》等とも相性が良い。

 その効果から闇属性悪魔族を使用するデッキなら、どちらも十分に活かしやすい。
 【暗黒界】では、起動効果は上記の通り暗黒界モンスター効果の能動的なトリガーに使用でき、《暗黒界の門》コスト除外したモンスターもこのカードで回収できる。
 同様に【デーモン】でも《トリック・デーモン》を捨てたり《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》等で除外したモンスターを回収することができる。
 加えて《デーモンの雄叫び》にも対応するため、ある程度能動的な回収が狙える。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードテキストにある「手札から悪魔族モンスター1体を捨て」の処理は、コストですか? それとも効果ですか?
A:効果捨てる扱いになります。(12/05/10)

Q:ダメージステップ中にこのカード破壊され墓地へ送られた時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/11/28)

Q:このカード手札捨てる効果発動しました。
  このカード効果解決時フィールド上に表側表示で存在しなくても、手札捨てる処理は行いますか?
A:効果解決時に、効果発動した《トランス・デーモン》が存在しない場合であっても、手札から悪魔族モンスター1体を捨てます。(12/07/04)

Q:このカード手札捨てる効果発動しました。
  このカード効果解決時コントロール相手に移った場合、自分手札捨てる処理とコントロールが移ったこのカード攻撃力がアップする処理は行いますか?
A:はい、行います。(12/07/09)

Q:このカードチェーン2以降で破壊され墓地へ送られた時、2番目の効果発動できますか?
A:タイミングを逃すため発動できません。(12/05/03)

Q:手札捨てるのと攻撃力をアップするのは同時ですか?
A:同時です。(12/10/11)

広告