《トランスコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、
このカード及びこのカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、
相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の
自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

 STARTER DECK(2018)で登場した地属性サイバース族リンクモンスター
 相互リンク状態の場合に自身とそのモンスター強化対象耐性を付与する永続効果リンク3以下のサイバース族リンク先蘇生する起動効果を持つ。

 《デコード・トーカー》等と同じく「効果モンスター2体以上」という緩いリンク素材なのでリンク召喚自体は容易。
 ただ、(2)の効果の制約から基本的には【サイバース族】で使う事が推奨される。

 (1)の効果リンク先および自身の強化
 対象を取る効果への耐性も得られるため場持ちがよくなる。
 ただし相手モンスターもこのカード相互リンク状態ならば強化されるので、逆手に取られないよう位置には気を付けたい。

 (2)はサイバース族リンクモンスター蘇生効果
 適当なリンクモンスターを経由してリンク召喚していれば蘇生対象は自動的に準備できる。
 リンク先相互リンクするモンスター蘇生させれば(1)の効果適用できる。
 蘇生したモンスターとで《ファイアウォール・ドラゴン》などのサイバース族リンク4に繋げるのも良い。

 エクストラモンスターゾーンメインモンスターゾーンのどちらにいても、自分フィールドメインモンスターゾーンに向いているリンクマーカーは1つなので、(2)の効果蘇生できるリンクモンスターは1体までになる。
 蘇生の有力候補は同じく相互リンクに関する効果を持つ《トライゲート・ウィザード》、互いの効果強化耐性付与できる《エクスコード・トーカー》などがいいか。
 《セキュリティ・ドラゴン》はこのカードリンク素材にも適しており、このカードの下側に蘇生すればあちらのバウンス効果も使える。
 《コード・トーカー》戦闘効果への破壊耐性があるため場に残りやすく、より高リンクリンクモンスターに繋げやすくなる。
 相互リンクできるリンクモンスターがいないならば、そのまま次のリンク召喚リンク素材にしてしまうのも有効である。

  • 「トランスコード(transcode)」とは、ある方式で圧縮されたデータをそれとは別の形式に変更する事を意味する。
    特に、デジタル映像をデジタル信号のまま(アナログ映像にデコードすることなく)再エンコードする技術を指す。
  • 攻撃時に自身のパーツの一部が変形合体し、銃になる演出となっている。
    カードイラストにはその銃を持っている状態(トランスコード・フィニッシュ時)で描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《トランスコード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 サイバース族 攻2300 コード・トーカー

広告