《トリックスター・ベラマドンナ》

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/天使族/攻2800
【リンクマーカー:上/右/左下/下】
「トリックスター」モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク召喚に成功したこのカードのリンク先にモンスターが存在しない場合、
このカードは他のカードが発動した効果を受けない。
(2):このカードのリンク先にモンスターが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地の「トリックスター」モンスターの種類×200ダメージを相手に与える。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場する光属性天使族リンクモンスター
 他のカード発動した効果を受けない効果墓地トリックスターモンスターの種類×200ダメージを与える効果を持つ。

 リンク素材縛りリンク数の都合上、【トリックスター】でもやや重いモンスターである。
 消費を抑えて出すならばリンク2のトリックスター《トリックスター・リンカーネイション》の(2)の効果蘇生させる方法などがある。
 あちらの除外効果とはアンチシナジーではあるが、《トリックスター・ヒヨス》リンク2のトリックスターリンク素材に使えば自己再生で1体分は稼げる。

 どちらの効果リンク先に他のモンスターがいない事が条件であるが、自分モンスターゾーンはプレイングで対処可能な範囲なので問題になりにくい。
 リンク4という重さも、この場合はリンク召喚で消費が嵩みやすいため他のモンスターを用意する余裕が無い、という点で噛み合っている。

 問題は上方向のマーカーであり、エクストラモンスターゾーンにこのカードを置いた場合、このモンスターの真正面にモンスターを配置されるだけで簡単に対処されてしまう。
 メインモンスターゾーンに配置すればその問題は解決しやすいが、蘇生帰還では(1)の耐性が無いため効果除去を受けてしまう。
 エクストラモンスターゾーン《トリックスター・ホーリーエンジェル》等を配置し、その斜め下にこのカードを置けば問題ないが、必要なカードが多くなるのが悩みの種となる。
 敢えて耐性を持たない状態でリンク召喚して《キャッスル・リンク》で移動させる、一定期間だけ除外する、リンク先の相手モンスター《電送擬人エレキネシス》でどかすのも手か。

 攻撃力2800という数値は決して低くは無いが、昨今ではこれを上回る攻撃力モンスターが簡単に出てくるのも事実。
 このカード耐性があるときは《オネスト》などによるサポートもできないので、せっかく耐性を得ても簡単に戦闘破壊されてしまう可能性も高い。

 (1)の耐性フィールドに維持しつつ、(2)のバーンで毎ターンダメージを与え続けれれば理想的だが上記のように現実的には難しい。
 むしろ耐性により相手の妨害を受けづらいフィニッシャーとして運用したほうがいいだろう。
 (2)の効果蘇生帰還からでも使えるので(2)の効果《トリックスター・リンカーネイション》などで使い回すのも手か。

  • 所持品は大きな鎌であり、他のトリックスターと比べても攻撃的な代物となっている。
  • カード名は有毒植物の一つ「ベラドンナ」と、憧れの対象となる美女やフィクションの主演女優(ヒロイン)を指す「マドンナ」を掛け合わせたものであろう。
    • 「ベラドンナ」という植物の名前は、イタリア語で「美しい女性」を意味する「bella donna」に由来する。
      これは、昔の女性が瞳孔を開かせて目を大きく見せたいがために、この植物から抽出したエキスを目薬のように使っていたことが語源となっている。
  • 劇中では「ブルーエンジェルが初めてリンク4のモンスター召喚した」と述べられているため、所持はしていても実戦で使うのは上記デュエルが初だったようである。
    ブルーエンジェル本人も「切り札は最後の最後に使うもの」と述べている。
  • (2)の効果発動した際は、両手を上に掲げ墓地トリックスターの種類だけ光が集まり、球体のエネルギーを作り上げて投げ飛ばす演出がなされた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トリックスター・ベラマドンナ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 光属性 天使族 攻2800 トリックスター

広告