《トリックスター・ライトアリーナ/Trickstar Light Arena》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が「トリックスター」モンスターをリンク召喚した場合、
その素材とした自分の墓地の「トリックスター」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
このカードが存在する限り、セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、
相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、手札に戻さなければならない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場したフィールド魔法
 トリックスターリンクモンスターリンク召喚した場合にそのリンク召喚に使用したトリックスター効果無効にして蘇生する効果相手魔法・罠カード発動を制限した上でエンドフェイズにそのカードの発動またはバウンスを強制する効果を持つ。

 (1)は、トリックスターリンクモンスターリンク素材となったトリックスターモンスター蘇生させる効果
 蘇生したモンスター効果無効になるため、リンク素材に使用して更なるリンク召喚につなげるのが基本となるだろう。
 あるいは《トリックスター・マンジュシカ》《トリックスター・ブーケ》蘇生したトリックスター手札戻すのも良い。
 《トリックスター・ヒヨス》と相性が良く、あちらの自己再生効果を使用する前にこの効果蘇生させることで、高リンクトリックスターリンク召喚が狙える。
 ただ、トリックスターには《トリックスター・リンカーネイション》《トリックスター・マジカローラ》等、他にも蘇生カードが存在しており、この効果の重要性はそれほど高くない。
 また、守備表示での蘇生と限定されているためリンクモンスター蘇生できないのも欠点と言える。

 (2)は、相手魔法・罠カード発動を制限した上でエンドフェイズにそのカードの発動またはバウンスすることを強制する効果
 《トリックスター・ライトステージ》とほぼ同じ効果であるため、大まかな扱い方もあちらを参照のこと。
 大きな差はあちらと異なり対象のカードバウンスする事。
 墓地を肥やす心配はないが、次のターンで再利用されてしまうリスクがある。
 《魔封じの芳香》セットさせた魔法カードバウンスし続ける事で発動を妨害する、対象のカード手札に戻る事により《トリックスター・マンジュシカ》バーン効果に繋げるなどの工夫をしたい。

 このカードを使用するにあたっての最大の問題は、同じトリックスターフィールド魔法《トリックスター・ライトステージ》《トリックスター・ライブステージ》の存在である。
 いずれも発動時のサーチサルベージと利便性が高い効果を持っており、このカードと異なり同名カード発動制限もかかっていないため同名カードを連発して手札を稼げる。
 特に《トリックスター・ライトステージ》はこちらの(2)の効果とも類似効果を持っており、複数発動によりデッキ圧縮を行うこともできる。
 (1)を活かすためトリックスターリンクモンスターを中心にした構築でも、《トリックスター・ライブステージ》ならばトークンリンク素材を簡単に用意できる。
 それらと併用して使い分けることも可能ではあるが、単純な汎用性・優先度ではやはり劣ると言わざるを得ないだろう。

  • 「アリーナ」は、階段状の観客席が周囲を覆うように設置された劇場などを意味する。
    イラストでは、多くの観客が(サイリウムなどが描かれているのでおそらく)アイドルのショーを観るべく劇場に押しかけているようだ。

関連カード

収録パック等


Tag: 《トリックスター・ライトアリーナ》 魔法 フィールド魔法 トリックスター

広告