《トリックスター・ライトステージ》

フィールド魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「トリックスター」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカード1枚を対象として発動できる。
このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
セットされたそのカードはエンドフェイズまで発動できず、
相手はエンドフェイズにそのカードを発動するか、墓地へ送らなければならない。
(3):自分フィールドの「トリックスター」モンスターが戦闘・効果で相手にダメージを与える度に、
相手に200ダメージを与える。

 CODE OF THE DUELISTで登場したフィールド魔法
 発動時にトリックスターモンスターサーチする効果相手魔法・罠カード発動を制限した上でエンドフェイズにそのカード発動または墓地へ送ることを強制する効果トリックスターモンスターダメージを与えるのをトリガー効果ダメージを与える効果を持つ。

 (1)は、このカードの発動時にトリックスターモンスターサーチする効果
 1ターンに1度の制約が課されていないため、このカードを連続発動することで《テラ・フォーミング》等が手札でダブついても処理ができる。

 (2)は、相手魔法・罠カード発動を制限した上でエンドフェイズにそのカード発動または墓地へ送ることを強制する効果
 《聖なるバリア −ミラーフォース−》のようなエンドフェイズ発動できないカードならそのまま除去できる。
 フリーチェーンカードであっても、この効果チェーンするかエンドフェイズ発動するかの二択を迫れるので相手の戦略を狭めることができる。
 相手がもともとエンドサイクなどを狙っていてあまり意味がない場合もありえるが、最低でも自分モンスターを展開しやすくなる。
 類似カード《炎舞−「玉衝」》とは違い毎ターン発動できるので、アドバンテージを稼ぎやすい。

 フィールド魔法なので1ターンキル系のデッキ《テラ・フォーミング》《トリックスター・キャンディナ》と共に採用するのもいいだろう。
 《トリックスター・リンカーネイション》《ドロール&ロックバード》によるハンデスを警戒してセットされたカードも狙える。
 《ドン・サウザンドの契約》とも相性が良く、相手魔法・罠カードセットを半ば強制するのでこの効果発動し易くなる。
 さらに《トリックスター・リンカーネイション》コンボして相手手札を全て公開させれば、セットされたカードの内容が筒抜けになるためより確実に処理する事が可能になる。

 (3)の効果トリックスターモンスター相手に与えるダメージに反応して適用する微弱なバーン効果
 この効果チェーンブロックを作らない効果である。
 ダメージは200と低く、フィールド魔法ゆえ重ね張りもできないが、1ターンに1度の制限はなく、トリックスターモンスターバーン効果を備えたものが多いため発動機会には困らない。
 自分フィールド《トリックスター・キャンディナ》が1枚存在する場合、相手魔法・罠カード発動する度に400、2枚存在すれば800となり、トリガーの緩さも合わせてそれなりの火力となる。
 《悪夢の拷問部屋》と共に使えば、一回のダメージ量が500となり無視できない数値になる。

  • 遊戯王シリーズのアニメでフィールド魔法発動された場合、通常は背景も切り替わるのだが、このカードの場合は特にそういった演出が無かった。
    このカード特有のものなのか、VRAINSまたはスピードデュエルでは一律してその仕様なのかは現状不明である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:『セットされたそのカードエンドフェイズまで発動できず』の効果は、エンドフェイズ中の任意の時点で、この効果発動したプレイヤーが終了させますか?
  それともエンドフェイズに入った時点で適用が終了しますか?
A:エンドフェイズの任意の時点まで適用できます。(17/05/11)


Tag: 《トリックスター・ライトステージ》 魔法 フィールド魔法 トリックスター

広告