《トロイの剣闘獣(グラディアルビースト)/Trojan Gladiator Beast》

通常罠
自分の手札から「剣闘獣」と名のついた
モンスター1体を相手フィールド上に特殊召喚する。
その後、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 CRIMSON CRISISで登場した通常罠
 手札にある剣闘獣一体を相手フィールド召喚する代わりに自分が1枚ドローできる。

 このカード自体と手札剣闘獣、合わせて2枚を消費し、相手モンスターを与えた上で1枚ドローするので、差し引き2枚の損失となる。
 送りつけのためのカードと見なした方が良い。

 相手フィールドに高攻撃力モンスターしかいない場合、それを避けつつ戦闘を行い、リクルート効果発動できるようになる。
 だがそれなら防御にも役立つ《和睦の使者》等を使った方が効率が良く、このカードである意味が無い。
 モンスター戦闘破壊が必須となる《剣闘獣サムニテ》を使う場合であれば、多少は役に立ち得るか。

 このカード《ギブ&テイク》特殊召喚した場合、《所有者の刻印》《洗脳解除》を使えば自分フィールド上に戻って来るが、手間とカード消費を鑑みるとあまり実用的とは言えないだろう。
 レベル制限はないものの、特殊召喚に制限のない上級剣闘獣《剣闘獣オクタビウス》《剣闘獣アウグストル》の二体のみであり、それにせよ《休息する剣闘獣》で戻してリクルートを狙う方が有益である。
 下級剣闘獣であれば、《二重召喚》等の方が遥かに手っ取り早い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果《剣闘獣アレクサンデル》または《剣闘獣スパルティクス》特殊召喚できますか?
  (これらのモンスターの「特殊召喚できない」は、相手の場に特殊召喚する場合も引っかかりますか?)
A:《剣闘獣アレクサンデル》は、《剣闘獣ディカエリィ》以外の効果によって特殊召喚する事ができず、《剣闘獣スパルティクス》は、《剣闘獣ホプロムス》以外の効果によって特殊召喚する事ができないモンスターとなります。
  したがって、《トロイの剣闘獣》の効果によって《剣闘獣アレクサンデル》《剣闘獣スパルティクス》手札から特殊召喚する事はできません。(10/06/04)

Q:カードの発動時に特殊召喚する手札剣闘獣を選択しますか?
A:カードの発動時に、特殊召喚する手札モンスター対象に選択する事はありません。(10/06/04)

Q:このカードの効果剣闘獣特殊召喚した時に《激流葬》発動できますか?ドローでタイミングを逃す事になりますか?
A:《トロイの剣闘獣》の効果によってモンスター特殊召喚した場合、その後ドローする効果処理が続きタイミングを逃す為、《激流葬》発動する事はできません。(10/06/04)

Q:相手フィールド剣闘獣特殊召喚することができなかった場合はドロー処理は適用されますか?
A:いいえ、ドローできません。(12/04/11)

Q:効果解決時相手モンスターカードゾーンが埋まっていた場合、手札剣闘獣はどうなりますか?
A:手札剣闘獣相手に見せて空撃ちでない事を証明し、その後手札に持ったままになります。(11/04/11)


Tag: 《トロイの剣闘獣》 通常罠 剣闘獣

広告