《トロイメア・ケルベロス》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/悪魔族/攻1600
【リンクマーカー:上/左】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、
相手のメインモンスターゾーンの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは効果では破壊されない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した地属性悪魔族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に相手特殊召喚されたモンスター1体を破壊し、特定条件下でドローできる誘発効果自分フィールド相互リンク状態のリンクモンスター効果破壊耐性を付与する永続効果を持つ。

 リンク素材の指定は「カード名が異なるモンスター2体」と緩く、後述の通り(1)の効果汎用性が高い。
 ただ、リンクマーカー効果の関係上、このモンスターを最大限に活用したい場合はメインモンスターゾーンリンク召喚するのが望ましい。
 上方向のリンクマーカーを持つので、できればエクストラモンスターゾーンのすぐ下にリンク召喚したい所。

 一応、エクストラモンスターゾーンリンク召喚した場合でも、《星遺物へ誘う悪夢》等でメインモンスターゾーンに移動させれば、リンクマーカーや(2)の効果を活用できる。
 エクストラモンスターゾーンリンク召喚した後に《トロイメア・マーメイド》等のリンク素材として墓地へ送り、《星遺物を継ぐもの》等で蘇生させるという手もある。
 もっとも、これら方法は(1)の手札コストも合わさって手札消費が激しくなりがちなので、アドバンテージの面では好ましい運用法とは言えない場合も多い。

 (1)の効果モンスター除去
 相手メインモンスターゾーン特殊召喚されたものとやや指定は多いものの、発動機会自体は多いので汎用性は高い。
 自身のリンク素材縛りの緩さも含めてトロイメアデッキ以外でも活用できる効果と言えるだろう。
 同リンクで同じ縛りを持つ《トロイメア・フェニックス》魔法・罠除去効果を持つので、状況に応じて使い分けても良い。

 (2)の効果により相互リンク状態ならば効果破壊にも対処可能となる。
 とは言え、自身のステータス下級モンスターに倒される程度なので、維持を考えるならば他のサポートは必須。
 このカードの上に《トロイメア・マーメイド》が存在すれば攻撃力2600まで耐えられるので併用したい。

  • 3つある顔の内、真ん中の顔には演奏記号のセーニョに似た記号が描かれている。

関連カード

イラスト関連

―《トロイメア・ケルベロス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《トロイメア・ケルベロス》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 地属性 悪魔族 攻1600 トロイメア

広告