《トロイメア・フェニックス/Knightmare Phoenix》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/悪魔族/攻1900
【リンクマーカー:上/右】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した炎属性悪魔族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に相手魔法・罠カード1枚を破壊し、特定条件下でドローできる誘発効果自分フィールド相互リンク状態のリンクモンスター戦闘破壊耐性を付与する永続効果を持つ。

 (1)の効果魔法・罠除去
 自分魔法・罠カード破壊できないものの、フィールド魔法まで含めて表裏関係なく破壊できるため汎用性は高い。
 リンク素材縛りが緩いことも相まって、極めて幅広いデッキ除去要員として採用されている。
 同リンクで同じ縛りを持つ《トロイメア・ケルベロス》モンスター除去効果を持つので、状況に応じて使い分けても良い。
 手札コストがあるのがやや重い

 (2)は相互リンク状態のモンスターへの戦闘破壊耐性付与。
 このカード攻撃力下級アタッカークラスはあるため、リンク2以下のトロイメアの中では戦闘に強いカードと言える。
 効果に対する耐性はないため、この辺りは相互リンク先を《トロイメア・ケルベロス》にする事で補い合いたい。
 もっとも、破壊ではない対象をとらない効果まではカバーできないため、その点も補っておきたい。

 リンク素材縛りリンクマーカーの向きから、《トロイメア・ケルベロス》と出す場合の配置の注意点は同じ。
 こちらは左のエクストラモンスターゾーンの真下に出せばエクストラリンクを目指せる。

 (1)の魔法・罠除去を重視しリンクマーカーの活用は度外視する使い方が十分有用なのも同様。
 このカードの場合、炎属性なので【サラマングレイト】リンク素材として使えるため、あちらに採用される。

関連カード

イラスト関連

―《トロイメア・フェニックス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《トロイメア・フェニックス》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 炎属性 悪魔族 攻1900 トロイメア

広告