《ドラグニティ−ブラックスピア/Dragunity Darkspear》

チューナー(効果モンスター)
星3/風属性/ドラゴン族/攻1000/守1000
1ターンに1度、自分フィールド上の「ドラグニティ」と名のついた
ドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の
鳥獣族モンスター1体を選択して特殊召喚する。

 DUEL TERMINAL −疾風のドラグニティ!!−で登場した風属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 ドラグニティの一体であり、ドラゴン族ドラグニティモンスターリリースして鳥獣族下級モンスター蘇生する起動効果を持つ。

 自身も「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスターなので、このカードリリースすることで即効果発動できる。
 たとえ墓地蘇生対象が存在しなかったとしても、このカードチューナーシンクロ召喚の素材にも利用できるので、腐る可能性は少ない。
 さらに、鳥獣族チューナーレベル1〜4までそろっており、状況に合わせて使い分けることができるのもメリットである。

 このカードを介することで、実質全ての下級鳥獣族《リミット・リバース》に対応できることになる。
 特に《霞の谷のファルコン》蘇生させ、フィールドに残った《リミット・リバース》バウンスすれば、攻撃宣言こそ必要ではあるものの蘇生効果を毎ターン使用することができる。
 またこの2体で《霞の谷の雷神鬼》シンクロ召喚した場合は攻撃宣言も不要になり、カード・アドバンテージ上の消費が一切発生しない。

 《聖鳥クレイン》とも相性が良く、実質ドローカードに変貌する。
 《地獄の暴走召喚》トリガーにもなり、《ハンター・アウル》なら攻撃力2500のモンスターが3体並び、《ハーピィ・レディ》墓地《ハーピィ・クィーン》等と合わせてフィールドを埋め尽くすこともできる。
 自身も《地獄の暴走召喚》対象になれるため、《リミット・リバース》などで蘇生し、それぞれ別の鳥獣族特殊召喚することも可能。

 一方、【ドラグニティ】では特殊召喚効果発動する下級鳥獣族ドラグニティ《ドラグニティ−トリブル》しか存在せず、レベルも合いにくいので使いにくさが目立つ。
 総じて【ドラグニティ】以外で活躍するカードと言える。

関連カード

―《ドラグニティ−ブラックスピア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:起動効果です。(09/07/22)

Q:自身をリリースできますか?
A:自身をリリースして発動する事も可能です。(09/07/03)

Q:裏側表示ドラグニティと名のついたドラゴン族リリースして発動できますか?
A:はい、できます。(09/07/31)

Q:墓地モンスター対象にとりますか?
A:とります。(09/07/22)


Tag: 《ドラグニティ−ブラックスピア》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 風属性 ドラゴン族 攻1000 守1000 ドラグニティ

広告