《ドラゴン・シールド/Dragon Shield》

装備魔法
ドラゴン族モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターは戦闘・効果では破壊されない。
装備モンスターの戦闘で発生するお互いのプレイヤーへの戦闘ダメージは0になる。

 SHADOW SPECTERSで登場した装備魔法
 ドラゴン族モンスター破壊耐性戦闘ダメージを発生させない効果を付与する。

 ドラゴン族破壊されない耐性を付加するが、種族が限定されていない《ディメンション・ガーディアン》の方が汎用性が高い。
 こちらへの戦闘ダメージを0にするという芸当は《ディメンション・ガーディアン》にはできないが、ステータスが高いとそもそも自分戦闘ダメージが来る状況自体稀である。
 《武装神竜プロテクト・ドラゴン》《閃こう竜 スターダスト》に装備することで強固な耐性を得られるが、戦闘ダメージを与えられないため居座る意義も薄れる。

 《竜魔人 キングドラグーン》《竜魔人 クィーンドラグーン》に装備させることで広い範囲に耐性を持たせることもできる。
 フィールドに維持することでアドバンテージを得やすく、戦闘を行う必要もない《アルティマヤ・ツィオルキン》に使うのもいい。

 このカードを使うなら、装備魔法故の即効性を活かしたい。
 《聖刻龍−ドラゴンヌート》ならばそのままシンクロ召喚エクシーズ召喚を行える他、居座り続ける事で恒久的なリクルーターとして扱える。
 《安全地帯》と違い、自壊がない点も活かしやすい。

 《安全地帯》と異なり、自分カードの効果による破壊も受けない。
 《スクラップ・ドラゴン》に装備し、その効果装備モンスターを指定すれば相手カードのみ破壊できる。
 Sinに装備させた場合、フィールド魔法が離れた場合の自壊を防げる。

 ただし、それ以外で特に相性の良いドラゴン族はあまり多くない。
 《団結の力》等と異なり、《青き眼の乙女》シンクロ召喚エクシーズ召喚先とも共有しにくい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードを装備したモンスター《禁じられた聖槍》などの効果適用された場合、どのように処理しますか?
A:戦闘及びカードの効果では破壊されない効果適用されなくなりますが、戦闘ダメージは0になる効果適用されたままとなります。(14/04/10)


Tag: 《ドラゴン・シールド》 魔法 装備魔法

広告