《ドレインシールド/Draining Shield》

通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、
攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃モンスターの攻撃を無効にし、
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

 天空の聖域で登場した通常罠
 相手モンスター攻撃無効にして自分ライフポイント回復する。
 相手攻撃宣言した時に攻撃モンスター1体を対象にとって発動する事ができる。

 簡単に言えばライフ回復版の《魔法の筒》であり、《ホーリージャベリン》の強化版。
 モンスター攻撃を1回無効にして、さらにその攻撃力ライフ回復するので、ライフ計算上は直接攻撃を2回無効にしたことと等価である。
 しかし、自分ライフをいくら回復してもデュエルに勝利する事はできないので、一般的なビートダウンデッキでは採用価値は低い。
 長らく制限カードだった《魔法の筒》に対してこちらが何の制限もかからなかった事からも、ライフ回復よりもダメージの方が重要なことがわかる。

 このカードが真価を発揮するのは、ライフ消費が激しいデッキ、あるいはライフ回復することに特別な意味があるデッキである。
 【アロマ】【死皇帝の陵墓】などが代表例である。
 個別のカードでは、《ビッグバンガール》《お注射天使リリー》《ラーの翼神竜》《機皇帝グランエル∞》《No.43 魂魄傀儡鬼ソウル・マリオネッター》《エンシェント・リーフ》などを使うのであれば有力な回復カードとなる。

 なお、同じ攻撃力攻撃に対しては、《魔法の筒》を使ってもこのカードを使っても、生じる(または縮まる)お互いプレイヤーライフ差は同じである。
 したがって、《裁きの代行者 サターン》《天空勇士ネオパーシアス》《エンシェント・ホーリー・ワイバーン》等「相手とのライフ差」を参照するカードを使う場合、《魔法の筒》などを優先したほうが良い。

  • マスターガイドではフリードとガガギゴとのケンカの場面として紹介されているが、どうみても《ガガギゴ》には見えない。
    《ガガギゴ》とフリードが戦うイラストがなかったために、代わりとして似たイラストを紹介として使ったとは考えられる。

関連カード

効果関連

イラスト関連

―《ドレインシールド》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力0のモンスター攻撃した時にこのカード発動する事ができますか?
A:はい、できます。(13/11/20)

Q:攻撃力無効にする処理とライフポイント回復する処理は同時に行われる扱いですか?
A:はい、同時に行われます。(13/12/15)


Tag: 《ドレインシールド》 通常罠

広告