《ドロドロゴン/Muddy Mudragon》

シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻 500/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。
(2):このカードがS召喚されている場合、自分メインフェイズに発動できる。
融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを自分フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 EXTRA PACK 2019で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 融合素材の代わりになるルール効果シンクロ召喚されている場合にフィールド融合できる起動効果を持つ。

 (1)は融合素材としてカード名が記されたモンスターの代わりに融合素材として使える効果
 詳しくは融合素材代用モンスターのページを参照。

 このカードエクストラデッキに入るカードなので、《おろかな重葬》《轟雷帝ザボルグ》墓地へ送る事で墓地融合に繋げられる。
 《青眼の究極竜》と共に墓地へ置き、《龍の鏡》《究極竜騎士》にするといった動きが狙える。
 ただし、墓地融合素材代用モンスターを置くだけであれば、《沼地の魔神王》効果《おろかな埋葬》でも同じことは可能。

 (2)は自身を含むフィールドモンスターを素材に融合召喚する効果
 基本的には融合呪印生物と同様の運用となるが、属性の制限がない点や、融合召喚扱いである点が大きく異なる。
 このカードシンクロ召喚している必要があり、3体のモンスターが必要になるが、消費自体は《融合》を用いて融合召喚をするのと変わらない。
 シンクロ召喚主体のデッキなら《融合》を絡めずに融合モンスターにつなぐ手段となる。
 蘇生帰還した場合はこの効果は使えないので注意。

 通常の《融合》等を用いた融合召喚と比べた場合、このカードは「レベル6のシンクロ召喚ができるカード」という広さから呼び出すことができる。
 これは《沼地の魔神王》融合呪印生物サーチリクルートする手段と比べても破格の広さであり、初動での融合召喚には大きな利点となる。
 また、魔法・罠カードを使用しないことにより、それらを封じられた状況をモンスターのみで突破する使い道も可能。
 一方で、融合呪印生物同様に手札融合素材にできない点や、エクストラデッキの圧迫には注意が必要となる。

 《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》レベル5のシンクロチューナーを出した場合、その後にこのカードシンクロ召喚することでドッペル・トークンとこのカード融合召喚ができる。
 フィールドから離れた場合にモンスター特殊召喚できる《星杯の神子イヴ》《源竜星−ボウテンコウ》を使えば《捕食植物トリフィオヴェルトゥム》召喚獣なども融合召喚可能になる。

関連カード

融合素材代用モンスター効果を使用せずに融合召喚できるモンスター

ドラゴン族レベル6指定

シンクロモンスター指定

ドラゴン族シンクロモンスター指定

エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター指定

―その他の該当する融合モンスター《獄炎のカース・オブ・ドラゴン》を参照。

収録パック等


Tag: 《ドロドロゴン》 モンスター シンクロモンスター 効果モンスター 星6 闇属性 ドラゴン族 攻500 守2200

広告