《ナチュル・ガオドレイク/Naturia Leodrake》

シンクロモンスター
星9/地属性/獣族/攻3000/守1800
地属性チューナー+チューナー以外の地属性モンスター1体以上

 DUEL TERMINAL −魔轟神復活!!−で登場した地属性獣族シンクロモンスター

 ナチュルシンクロモンスター共通のシンクロ素材縛りを持つ。
 相性の良いカテゴリカードについては《ナチュル・ビースト》も参照。

 ただ、このカードレベル9なので他のナチュルシンクロモンスターと比べてシンクロ召喚が難しい。
 何も効果を持たないので高い攻撃力を活かそうにも、同レベルにはより高いステータスを得られシンクロ素材も緩い《鬼岩城》《XX−セイバー ガトムズ》が存在する。
 必要なシンクロ素材は1体多いが、除去効果を持つ《氷結界の龍 トリシューラ》《ミスト・ウォーム》なども存在し、立場は非常に厳しい。

 あえてこちらを使うのであれば、効果モンスター以外のモンスターサポートカード種族サポートを活かす必要がある。
 《地天の騎士ガイアドレイク》融合素材となる他、《ダイガスタ・エメラル》《天威無崩の地》を使用できる。
 また、効果モンスター以外のモンスターサポートカードが豊富な天威には地属性チューナー《天威龍−アーダラ》も存在する。
 だが、天威アタッカーにするなら同じ攻撃力《天威の鬼神》も存在し、シンクロモンスターに拘るとしても縛りのない《大地の騎士ガイアナイト》《スクラップ・デスデーモン》の方が出しやすく、このカードを使う必要性は薄い。

 種族サポートの点でみると、【獣族】《一族の結束》を阻害しないアタッカーとして使用できる。
 また獣族シンクロモンスターシンクロ素材にしかできない《チェーンドッグ》を使う場合、《虚栄の大猿》との組み合わせでシンクロ召喚できる。
 とはいえ、レベルは1つ異なるが《神樹の守護獣−牙王》なら耐性も持ち、わずかだがステータスも上回る。
 そもそも獣族では、汎用性の高い《ミセス・レディエント》《幻獣の角》等での強化《エアーズロック・サンライズ》での弱体化ができるので、効果を持たないアタッカーを用意する必要もない。
 効果モンスター以外のモンスターかつ獣族である《マスター・オブ・OZ》融合召喚を狙うデッキタイプで併用できるかといったところか。

 差別化自体は不可能ではないが、現在のカードプールでは他より優先して出す価値があるモンスターとは言い難い。

  • イラストは、《ボタニカル・ライオ》と同様に鬣が花冠になったライオンのような姿をしている。
    「ガオドレイク」というカード名は、人と似た姿の根を持つ魔法の植物「マンドレイク」とライオンの鳴き声をかけた造語だろう。
    マンドレイクは、別名をマンドラゴラともいう。
  • シンクロ召喚時の口上は「野性の血流交わりしとき、大地を切り裂くパワーが目覚める!咆哮せよ!シンクロ召喚!大自然の力、《ナチュル・ガオドレイク》!」
  • イリアステルによって見せられた「未来のネオ童実野シティ」の映像にこのカードが使用されている。
  • アニメARC-Vでは、オベリスク・フォースのデュエリストと対戦しているLDSのユースクラスのデュエリストが使用していたが、《古代の機械双頭猟犬(アンティーク・ギア・ダブルバイト・ハウンドドッグ)》の効果破壊された。

関連カード

リメイク・派生形態

―《ナチュル・ガオドレイク》の姿の見られるカード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:通常モンスターとして扱いますか?
A:効果モンスター通常モンスターとしては扱いません。(08/12/06)


Tag: 《ナチュル・ガオドレイク》 シンクロモンスター モンスター 星9 地属性 獣族 攻3000 守1800 ナチュル

広告