《ネオスペース・コネクター/Neo Space Connector》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻 800/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札・デッキから「N(ネオスペーシアン)」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を守備表示で特殊召喚する。
(2):このカードをリリースし、自分の墓地の、
「N(ネオスペーシアン)」モンスターまたは「E・HERO ネオス」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 SAVAGE STRIKEで登場した光属性戦士族下級モンスター
 召喚に成功した時にネオスペーシアンまたは《E・HERO ネオス》1体を手札デッキから守備表示特殊召喚する誘発効果、自身をリリースしてネオスペーシアンまたは《E・HERO ネオス》1体を守備表示蘇生する起動効果を持つ。

 (1)はネオスペーシアンまたは《E・HERO ネオス》特殊召喚する効果
 特殊召喚トリガーにならないものの、召喚権の消費だけで下準備無しで2体のモンスターが並ぶ。
 ネオスペーシアンリクルートし、このカード《ヒーロー・マスク》を使い《E・HERO ネオス》にすればそれだけでコンタクト融合が可能。
 リンク召喚にも有効であり、同種族《N・アクア・ドルフィン》《E・HERO ネオス》を出せば《聖騎士の追想 イゾルデ》を呼び出す事も可能。

 (2)はネオスペーシアンまたは《E・HERO ネオス》蘇生する効果
 墓地にどちらかがあること前提となるが、(1)の効果と併用するとネオスペーシアン《E・HERO ネオス》が揃いコンタクト融合が可能になる。
 ネオスペーシアンについては《コンバート・コンタクト》を使えば用意できる。
 同レベルモンスターを揃えてエクシーズ召喚するのも有用な他、同名カードを呼び出してリンク召喚縛りをクリアするといった運用も可能。
 特に《E・HERO ネオス》デッキ墓地から呼び出せば手札消費1枚でランク7のエクシーズ召喚が可能となる。
 その他、攻撃後のメインフェイズ2に《N・グラン・モール》に変換して相手ターンで1体の攻撃をしのぐを用意するという手もある。

 2つの効果はいずれもネオスペーシアンまたは《E・HERO ネオス》特殊召喚する効果であり、それらを採用するデッキで力を発揮する。
 守備表示であるため攻撃こそできないものの、《N・アクア・ドルフィン》《N・エア・ハミングバード》《N・ブラック・パンサー》は出した直後に効果発動できる。
 中でも《N・アクア・ドルフィン》手札コストネオスペーシアンまたは《E・HERO ネオス》を使用する事で、そのまま(2)の蘇生先を用意できるため相性が良い。
 レベル4・光属性戦士族サポートカードにも恵まれており、HEROにも《E・HERO プリズマー》など複数が共通したステータスを持つ。
 特に(1)の効果トリガーの関係で《戦士の生還》によるサルベージで1枚を使い回せるのはありがたい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ネオスペース・コネクター》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻800 守1800 ネオス

広告