《ネクロイド・シンクロ/Necroid Synchro》

通常魔法
(1):チューナー1体とチューナー以外のモンスター2体までを自分の墓地から選んで除外し、
除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つ
「スターダスト」Sモンスター1体をエクストラデッキからS召喚扱いで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 PREMIUM PACK 19で登場した通常魔法
 墓地モンスター除外してスターダストシンクロ召喚扱いで特殊召喚する効果を持つ。

 特殊召喚シンクロ召喚扱いなので、シンクロ召喚でしか特殊召喚できないモンスターも問題なく呼び出せ、蘇生制限も満たせる。
 スターダストシンクロモンスターレベル6・8・10・12と存在し、トークンコントロール奪取を多用するタイプのデッキでもない限りレベル調整は難しくない。
 《水晶機巧−ハリファイバー》を使用すれば1〜3体のチューナー墓地を肥やし易く、またその(2)の効果でも幅広いシンクロチューナー特殊召喚できるので、合計レベル調整の機会は決して少なくないだろう。

 問題は呼び出したモンスター効果無効になる点である。
 単純なアタッカーにする手もあるが、可能ならばフィールド以外で発動する効果を持つシンクロモンスターを呼び出したい。
 その場合、該当するモンスターはいずれもレベル10か12と高レベルなので、墓地アドバンテージを相応に消費することは気を付けたい。
 《真閃こう竜 スターダスト・クロニクル》ドラゴン族シンクロモンスター帰還できるため相性が良く、このカード墓地コストにはドラゴン族シンクロモンスターを使用しておきたい。
 《スターダスト・ウォリアー》除外バウンスされた場合でも効果発動でき、蘇生も可能なので再利用もしやすい。
 《星遺物を巡る戦い》等で一定期間だけ除外してリセットするのも有効である。

 あるいはレベル6・8あたりを呼び出した後で更なるシンクロモンスターシンクロ素材に使うことを目的としても良いだろう。
 レベル10以上になるとシンクロモンスターシンクロ素材に要求するものも多いので、このカードで素材を用意できれば手札フィールドカード消費は抑えられる。

関連カード

イラスト関連

特殊召喚可能なスターダストシンクロモンスター

収録パック等


Tag: 《ネクロイド・シンクロ》 魔法 通常魔法 ロイド

広告