《ハーピィ・コンダクター/Harpie Conductor》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/鳥獣族/攻1900
【リンクマーカー:左下/右下】
風属性モンスター2体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「ハーピィ・レディ」として扱う。
(2):自分フィールドの「ハーピィ」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊できる。
(3):このカード以外の自分フィールドの表側表示の「ハーピィ」モンスターが自分の手札に戻った場合、
相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した風属性鳥獣族リンクモンスター
 《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果ハーピィ破壊身代わりとして魔法・罠カード破壊できる永続効果ハーピィ手札へのバウンストリガー相手モンスターバウンスできる誘発効果を持つ。

 リンク素材の指定は風属性モンスター2体。
 ハーピィは全て風属性なので、【ハーピィ】では容易にリンク召喚できる。
 《ハーピィ・チャネラー》リクルートを行う、《ハーピィ・パフューマー》《万華鏡−華麗なる分身−》サーチするなどの方法で素早くリンク素材は揃えられる。

 (1)の効果については《ハーピィ・クィーン》を参照。

 (2)は自分ハーピィ戦闘効果破壊される場合に魔法・罠カード身代わりにできる効果
 《華麗なるハーピィ・レディ》《魅惑の合わせ鏡》《ヒステリック・サイン》破壊すればそれらの効果発動できる。
 《奈落の落とし穴》《激流葬》などの召喚に成功した時に発動する罠カード《ハーピィの狩場》では対応できないため、後続のハーピィにそれらへの耐性を付与できるのはありがたい。
 このカード自体もその恩恵を受けられるが、リンク素材として用意したモンスターが引っかかるケースもある点には注意。
 特に除外が厳しい《奈落の落とし穴》を意識するなら、リンク素材には《ハーピィ・チャネラー》および《万華鏡−華麗なる分身−》攻撃力1500未満のものをリクルートする、このカードを出せるまでは《ハーピィの狩場》の使用を控えるといった構築やプレイングも選択肢に入る。

 (3)は自身以外のハーピィバウンスされた場合に相手特殊召喚されたモンスターバウンスできる効果
 ハーピィでは《ハーピィ・ダンサー》《ハーピィ・ハーピスト》バウンス効果を所持しており、特に《ハーピィ・ダンサー》は自身をバウンスできるので単独で発動条件が満たせる。
 《BF−精鋭のゼピュロス》を使うのも手だろう。

  • 楽団の指揮者(conductor)やカジノの女性ディーラーが着ているようなモノトーンの衣装をハーピィに合わせ再構築したような出で立ちをしている。
    なお、原作にてハーピィを使用していた孔雀舞は豪華客船のカジノでディーラーをしていた経歴を持っている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ハーピィ・コンダクター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 風属性 鳥獣族 攻1900 ハーピィ

広告