《ハーピィ・レディ −鳳凰(ほうおう)(じん)−/Harpie Lady Phoenix Formation》

通常魔法
このカードを発動するターン、
自分はデッキ・エクストラデッキからモンスターを特殊召喚できず、
バトルフェイズを行う事もできない。
(1):自分フィールドに「ハーピィ・レディ」「ハーピィ・レディ三姉妹」が
合計3体以上存在する場合、
その数まで可能な限り相手フィールドのモンスターを対象として発動できる。
対象のモンスターを破壊し、破壊したモンスターの内、
元々の攻撃力が一番高いモンスターの
元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した通常魔法
 自分フィールド《ハーピィ・レディ》《ハーピィ・レディ三姉妹》の数に応じたモンスター除去除去したモンスター中の最大の元々の攻撃力を参照するバーン効果発動ターンデッキエクストラデッキからの特殊召喚バトルフェイズを封じるデメリットを持つ。

 効果の性質上、最低でも相手モンスターを3体は破壊でき、相手モンスターを一掃できることも多い。
 バーン効果もあるので、うまくいけば引導火力になれる可能性もある。

 しかし、ただでさえ《ハーピィ・レディ》が3体以上必要で手間がかかるのにも関わらず、非常に重いデメリットもあるため容易に使うことはできない。
 デッキからの特殊召喚ができないため、《ハーピィ・チャネラー》《万華鏡−華麗なる分身−》で展開してから使用することもできない。
 現実的なのは《ヒステリック・パーティー》《ソウル・チャージ》蘇生することだが、それでもフィールドに3体以上揃えるのは手間がかかる。
 《ハーピィ・チャネラー》《ハーピィ・ダンサー》相手エンドフェイズ特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》《ハーピィ・レディ》を揃える手もある。
 相手モンスターが増える可能性があるが、このカード除去できるため問題はない。

 除去し、フィールドをがら空きにしてもバトルフェイズを行えず、使用したターンエクシーズ召喚などにもつなげられない。
 そのため展開したモンスターも返しのターン除去される恐れもある。
 そもそも相手モンスター除去目的ならば、これらの《ハーピィ・レディ》エクシーズ素材にし、《電光千鳥》除去するだけでも十分な場合が多い。
 バーン除去にしても、RUMを使って《CNo.39 希望皇ホープレイV》を出せば攻撃特殊召喚も可能。
 元々、《ゴッドバードアタック》などを擁する【ハーピィ】はそこまでモンスター除去には困っておらず、致命的なデメリットを負ってまで採用したいかは疑問が残る。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「《ハーピィ・レディ》」「《ハーピィ・レディ三姉妹》」が3枚以上存在し、相手モンスターが2体で3体以上対象に選択できない場合でも、そのモンスター2体を対象にして発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/09/13)


Tag: 《ハーピィ・レディ −鳳凰の陣−》 魔法 通常魔法 ハーピィ

広告