《ハーフ・シャット/Half Shut》

速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターはこのターン戦闘では破壊されず、
攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで半分になる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 STARTER DECK(2010)で登場した速攻魔法
 モンスター1体の効果解決時攻撃力を半減し、戦闘破壊耐性を付与する。

 相手に使用する場合には基本的に《収縮》下位互換である。
 戦闘破壊耐性が付与されることで、相手攻撃力の高いモンスター破壊できず、除去に関しては圧倒的に劣る。

 自分モンスターに使い、戦闘破壊を防ぐ使い方もできる。
 その場合、攻撃力は半分になるため、当然攻撃表示では大きな戦闘ダメージを受ける事になる。
 守備表示モンスターに対し使えば、貫通以外での戦闘ダメージを受けずに済む。
 同様の運用は手札から発動できる《ガード・ヘッジ》でも可能である。
 あちらは1度の戦闘にしか対応しないため、どうしてもモンスター戦闘破壊から守りたいという場面であれば、こちらの効果の方が頼もしいだろう。
 しかしその用途で使うのであれば、全てのモンスター戦闘ダメージ及び戦闘破壊を防ぐ《和睦の使者》の方が使いやすい。
 他には、《奈落の落とし穴》を回避するといった運用は問題なく可能である。

 このカードの主となる用途は、相手モンスターサンドバッグにすることだろう。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》《V・HERO トリニティー》《ポセイドン・オオカブト》とのコンボ1ターンキルを狙うことも可能。
 相手サンドバッグを与えるなら《マシュマロン》《強制転移》《ギブ&テイク》等の方法もあるが、こちらは相手表側攻撃表示モンスターさえいれば、これ一枚で実現できる。
 また、《ミスト・ボディ》よりも妨害されにくく、貫通効果も付与しておけば、裏側守備表示モンスターに対しても使える。
 (数値変動を含み、ダメージステップモンスターリバースした後で発動が可能なのである。)

 【剣闘獣】では上記のどちらの用法からでも剣闘獣効果によるリクルートに繋げる事が出来るため、相性がいい。
 相手モンスターに使用した場合でも《剣闘獣ムルミロ》リクルート《剣闘獣ガイザレス》融合召喚に繋げる事で相手モンスター破壊できる。
 ただ、相手モンスター弱体化させるなら《収縮》等の方が戦闘破壊もできるため扱いやすく、自分モンスター戦闘破壊耐性を与えるなら戦闘ダメージも防げるうえに自分モンスター全体に戦闘破壊耐性を与えられる《和睦の使者》等もある。
 そのため、こちらはこのカード1枚で両方の用途を使い分けられる点で差別化したい。

  • アニメのイラストは集中線が濃く描かれていた。
  • このカードの初出は2009年1月であるが、OCG化したのは2010年3月と少し遅れて登場。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できます。(10/03/21)

Q:このカードの効果が適用されたモンスター裏側表示になった場合、戦闘破壊されない効果適用されなくなりますか?
A:はい、その効果は適用されなくなります。(10/04/11)


Tag: 《ハーフ・シャット》 魔法 速攻魔法

広告