《ハイエナ/Hyena》

効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1000/守 300
このカードが戦闘によって墓地へ送られた時、
デッキから「ハイエナ」をフィールド上に特殊召喚する事ができる。
その後デッキをシャッフルする。

 FLAMING ETERNITYで登場した地属性獣族下級モンスター
 リクルーターの一体であり、戦闘破壊された時に同名カードデッキから特殊召喚する誘発効果を持つ。

 同名カードしかリクルートできないので汎用性は低いが、同名カードを2体まで特殊召喚できる利点がある。
 ただ、このカードと同じレベル属性種族発動条件を持ち、同じレベル属性種族を持つトークンを2体特殊召喚できるモンスター《極星獣タングリスニ》が存在する。
 こちらはデッキ同名カードが存在する必要があり、同名カードを引いてしまった場合に特殊召喚できなくなってしまう。
 極星獣トークンよりこちらのステータスが若干勝るが、どちらにせよ低ステータスであり優位点とは言いづらい。
 特殊召喚されるモンスタートークンでないが、その場合にもより発動条件がゆるく、追加効果のある《バオバブーン》が存在する。
 普通に使う場合どちらかの下位互換であるので、生み出されるモンスタートークンでないことと、種族属性を同時に活かせるようなデッキで採用したい。

 レベル3が2体並ぶ事から、ランクエクシーズ素材として採用するのが基本となる。
 《レスキューキャット》とは相性がよく、自爆特攻からランクエクシーズモンスターに繋げられる。
 表側表示獣族を調達できるため、《チェーンドッグ》自己再生条件も満たせる。

  • ハイエナとは死肉をむさぼる哺乳類で、複数で寄って集るものや、相手の獲物を横取りするものの喩えとして使われる。
    このカードも次の仲間が次々に出てくる点がハイエナのようである。
    だが、ハイエナも獲物の横取りしかしない訳ではなく、自分で狩りをする事もある。
    と言うより、獲物の横取りはライオンなど他の肉食獣も普通に行う事であり、「ハイエナ=横取り」という概念は凶悪そうな姿から生まれたイメージである。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「アストラルvsカイト」戦においてカイトが使用した罠カード《アーマード・バック》のイラストに、背中を武装した姿で描かれている。

関連カード

同名カード限定のリクルーターについては《ジャイアントウィルス》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果デッキ内の《ハイエナ》をすべて特殊召喚できますか?
A:はい、できます。


Tag: 《ハイエナ》 効果モンスター モンスター 星3 地属性 獣族 攻1000 守300

広告