《ハイパー・ギャラクシー》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):「銀河眼の光子竜」以外の自分フィールドの攻撃力2000以上のモンスター1体をリリースし、
相手フィールドの攻撃力2000以上のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースし、自分の手札・デッキ・墓地から「銀河眼の光子竜」1体を選んで特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 2020で登場する速攻魔法
 自分フィールド攻撃力2000以上のモンスターコストとしてリリースし、相手フィールド攻撃力2000以上のモンスターリリースして《銀河眼の光子竜》特殊召喚する効果を持つ。

 除外以外のあらゆる場所から《銀河眼の光子竜》を出せるので攻撃力2000以上3000未満のモンスターならばアタッカーへと変わる。
 元々の攻撃力を問わないのでセット状態の《可変機獣 ガンナードラゴン》《悪魔嬢リリス》デメリットアタッカー《始原竜プライマル・ドラゴン》が使える。
 元々攻撃できないフォトントークン《聖刻龍−トフェニドラゴン》コストに適する。

 相手モンスター効果リリースするため、破壊されない耐性モンスターに対して強い。
 速攻魔法なのでサクリファイス・エスケープから、相手の展開の阻害まで幅広く行える。
 下級モンスター除去されたり、対象耐性持ちには弱いものの、【ギャラクシー】においては有用な除去兼展開手段と言える。
 《原始生命態ニビル》と合わせて採用すれば、原始生命態トークンを処理しつつ《銀河眼の光子竜》特殊召喚できる。

 【ランク8】においても《銀河眼の光子竜》1枚を使い回せるので共に採用してみてもいいだろう。

 お互いフィールド攻撃力2000以上のモンスターがそれぞれ存在する必要があるが、現環境では条件を満たせない事は少ない。
 速攻魔法であるため、相手側にモンスターがおらずとも、こちらに攻撃力2000以上のモンスターが存在するならフリーチェーン除去として伏せておいても良い。
 また、壊獣を使えば相手効果の対象にならない耐性効果を受けない耐性を持つ相手モンスターリリースすることも可能になる。
 《禁じられた聖杯》《捲怒重来》等で相手モンスター強化する事で強引に発動条件を満たす手もある。
 ただし、自分フィールド《銀河眼の光子竜》やそれより強いモンスターしかいない場合は使いにくい点は注意が必要。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ハイパー・ギャラクシー》 魔法 速攻魔法 ギャラクシー

広告