《ハイパーサイコガンナー(スラッシュ)バスター/Hyper Psychic Blaster/Assault Mode》

効果モンスター
星11/地属性/サイキック族/攻3500/守3000
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージステップ終了時、
その相手モンスターの守備力分のダメージを相手ライフに与え、
その攻撃力分だけ自分のライフポイントを回復する。
また、フィールド上のこのカードが破壊された時、
自分の墓地の「ハイパーサイコガンナー」1体を選択して特殊召喚できる。 

 CRIMSON CRISISで登場した地属性サイキック族特殊召喚モンスター
 戦闘したモンスター守備力分のダメージを与え、攻撃力分だけライフ回復する強制発動誘発効果を持つ。
 さらに破壊された時に、《ハイパーサイコガンナー》1体を蘇生させる任意発動誘発効果を持っている。

 《ネオス・ワイズマン》とは正反対のダメージ回復効果を持つ。
 デッキに投入されるモンスターはほとんどの場合守備力よりも攻撃力が高いため、《ネオス・ワイズマン》と比べてサイキック族らしく回復に特化したモンスターとなっている。

 《ハイパーサイコガンナー》とまったく異なる効果となってしまったため同じ運用ができない。
 《ハイパーサイコガンナー》下級モンスターなどの守備力が低いモンスターを主なターゲットとしていたのに対し、このカードの場合は、ステータスの高いモンスターへの攻撃が通った場合により大きなアドバンテージを得る。
 このカード攻撃力なら大抵の上級モンスターでも圧倒できるため、効果の発動は難しくないが、《ハイパーサイコガンナー》の方が状況に適している場合も多い。
 例えば、《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》と戦った場合、《ハイパーサイコガンナー》なら守備表示に変更すれば3000の戦闘ダメージライフ回復を得る。
 しかしこのカードの場合4000のライフ回復は可能だが、ダメージは与えられない。

 もっとも、《ハイパーサイコガンナー》相手モンスター守備表示でなければ意味をなさないので一概にどちらの方が上とは言いがたい。
 とはいえ《ハイパーサイコガンナー》自体もシンクロ召喚が難しく、さらにそのシンクロ召喚を前提にしてこのカード《バスター・モード》デッキに加える必要があることを考えると手間に見合った効果とは言い難く、工夫が必要な上級者向けのモンスターと言える。

 /バスターの中で比べるのならば、《サイコ・チャージ》で簡単に使いまわせるという他の/バスターには無いメリットもある。

関連カード

―《ハイパーサイコガンナー/バスター》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカード戦闘を行いダメージステップ中にこのカード破壊された場合でもダメージ回復する効果発動しますか?
A:はい、このカード戦闘破壊されたり、ダメージステップ中にカード効果破壊される場合でもダメージステップ終了時に効果発動します。(11/04/28)

Q:《Re−BUSTER》効果特殊召喚されて無効化されたこのカードが、戦闘を行いダメージステップ中にこのカード破壊された場合でも、ダメージ回復する効果発動しますか?
A:はい、《Re−BUSTER》効果無効にされるのは、フィールド上で発動する効果のみです。
 そのため、戦闘破壊されたり、ダメージステップ中にカード効果破壊された場合でもダメージステップ終了時に効果発動します。(11/04/28)

Q:ダメージ与える効果回復する効果は同時に処理しますか?
A:はい、同時に処理します。(12/02/29)

Q:《デス・ウォンバット》《マテリアルドラゴン》が存在する時に、このカード戦闘を行い自身の効果相手モンスター守備力分のダメージ相手ライフに与える処理がされなかった場合、攻撃力分だけ自分ライフポイント回復する処理は行われますか?
A:いいえ、回復の処理は行われません。(12/02/29)


Tag: 《ハイパーサイコガンナー/バスター》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星11 地属性 サイキック族 攻3500 守3000 /バスター 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告