《ハイパーサイコライザー》

シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/サイキック族/攻2000/守 600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの攻撃力より低い攻撃力を持つモンスターは攻撃できず、
このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つフィールドのモンスターは効果を発動できない。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の、
種族と属性が同じとなるチューナー1体とチューナー以外のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 SAVAGE STRIKEで登場した地属性サイキック族シンクロモンスター
 自身の攻撃力未満の攻撃力モンスター攻撃を封じ、攻撃力がより高いモンスター効果の発動を封じる永続効果相手によって破壊され墓地へ送られた場合に種族属性が同じモンスター2体をサルベージできる誘発効果を持つ。

 (1)は攻撃を封じる効果効果の発動を封じる効果
 攻撃を封じるのは自身より攻撃力の低いモンスターのみで、攻撃力が同じか上回っているモンスター戦闘破壊されることは防げない。
 攻撃力が上回るモンスターが存在する時に攻撃を仕掛けてくる場合となると、《N・グラン・モール》コンバットトリックによる突破など限られており、攻撃を封じる意味は薄い。
 効果を使って除去されたり、展開されて攻撃力を上回るモンスターを出されてしまえばそれまでである。

 もう一方の、自身より攻撃力の高いモンスター効果の発動を封じる点は、高攻撃力効果を併せ持つモンスターへの対策としては有用となりえる。
 しかしこのカード強化して戦闘破壊を狙えず、相手戦闘破壊されて解除される可能性が高いだろう。
 また、"フィールド"のモンスター効果の発動を封じるものであり、自分も制限される。
 手札墓地などのフィールド以外で発動する効果には無力である為、過信は禁物。

 あえてこの効果を活かすなら、攻撃力を極端に下げて効果の発動を封じるのが有効だろう。
 恒久的に下げるのであれば《ロケットハンド》《魔界の足枷》、低い守備力を活かした《反転世界》辺りが候補になるか。
 ただし、自身の攻撃力を0にしても攻撃力が0のモンスター効果の発動を封じることはできない。
 攻撃力を下げて維持するなら攻撃対象を制限する永続効果を持つモンスターと一緒に並べるのも手だろう。

 何らかの方法で戦闘破壊耐性を付与できれば大型モンスターに突破されにくくなり場もちは格段に良くなる。
 種族は異なるものの、レベル3の《地竜星−ヘイカン》《サイコウィールダー》特殊召喚の条件も満たせるので相性が良い。

 (2)は同属性・同種族チューナーと非チューナーを回収でき、シンクロ召喚の消費を回復できる。
 汎用モンスターであるため、属性種族の一致するカテゴリデッキでも採用しやすい。
 基本的には自身のシンクロ素材一式となるだろうが、チューナーと非チューナーであれば別にシンクロ素材として墓地へ送られていなくてもよいため手札誘発効果持ちなども回収できる。

  • 《ハイパーサイコガンナー》カード名がよく似ており、属性種族も一致している。
    あちらを意識したモンスターであると思われるが、効果に関連性は見られない。
    • 抑制・調整系の効果を考慮すると、カード名の由来はサイコ(Psycho)+イコライザー(Equalizer)だと思われる。
      イコライザーとは主に音響系機器の種類で、特定の音響帯を強調したり抑制したりして様々な音作りに使用される。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ハイパーサイコライザー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星6 地属性 サイキック族 攻2000 守600

広告