《ハウスダストン/House Duston》

効果モンスター
星1/光属性/悪魔族/攻   0/守1000
(1):フィールドの表側表示のこのカードが相手の効果で破壊され墓地へ送られた時、
または、ダメージステップ開始時に表側表示だったこのカードが
相手モンスターとの戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
手札・デッキから「ダストン」モンスターを任意の数だけ選び、
お互いのフィールドに同じ数ずつ特殊召喚する。 

 ABYSS RISINGで登場した光属性悪魔族下級モンスター
 相手によって破壊され墓地へ送られた時、ダストンお互いフィールドリクルートする誘発効果を持つ。

 破壊され墓地へ送られただけでお互いフィールドダストンを大量展開できる【ダストン】キーカード
 ただし「相手効果」または「相手モンスターとの戦闘」によって破壊される必要があり、送りつけ自分破壊してもリクルート効果は使えないため、自爆特攻から効果を使うのが基本となる。

 ダストンの名を持つモンスターは《ハウスダストン》含めて7種類いるが、《ハウスダストン》と《ホワイト・ダストン》《スターダストン》を除き、自分フィールド上に1体しか出せない制約がある。
 デメリットを持つ《レッド・ダストン》等を相手に送りつけ、自分はデメリットのない《ハウスダストン》と《ホワイト・ダストン》を並べるのが基本となる。
 後は《スターダストン》《キングゴブリン》エクシーズ召喚等で勝負を決めるのが【ダストン】の勝ち筋である。
 攻撃表示で出した《トラックロイド》送りつけて、デメリットの塊のダストンモンスター自爆特攻を繰り返せば、相手魔法&罠ゾーンも纏めて埋め尽くすことができる。
 《トラックロイド》には《ダストンのモップ》を装備させ、こちらは直接攻撃で攻めて行くと良い。

  • 元ネタは「ハウスダスト」、つまり家庭内を飛び回るホコリの事である。
    特にホコリをアレルギーやぜんそくの原因として考える際にこの名称を用いることが多い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカード相手によって破壊され墓地へ送られた場合も発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/07/23)

Q:裏側守備表示で存在するこのカード相手モンスター攻撃を受けて破壊され墓地へ送られた場合も発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/09/03)

Q:裏側守備表示で存在するこのカード《レッド・デーモンズ・ドラゴン》攻撃を受けて効果破壊され墓地へ送られた場合も発動できますか?
A:はい、表側表示になった後で効果により破壊されているため発動できます。(13/11/18)


Tag: 《ハウスダストン》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 悪魔族 攻0 守1000 ダストン

広告