《バージェストマ・オレノイデス/Paleozoic Olenoides》

通常罠
(1):フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、
モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、
フィールドから離れた場合に除外される。

 EXTRA PACK 2016で登場した通常罠
 魔法・罠カード破壊する効果バージェストマ共通のモンスターとして自己再生する効果を持つ。

 《砂塵の大竜巻》相互互換
 安定して1:1交換が可能であり、【フルモンスター】相手でない限り墓地へ送る手段には困らないだろう。
 (2)の効果墓地から発動できることや自分カード破壊できることを活かし、《ゴブリンのやりくり上手》を使う【やりくりターボ】に入れるのも良い。

 (2)の効果バージェストマの共通効果である。
 トリガーとなる罠カード比率の高いデッキ構成が求められる。
 1枚で何度も発動できる《くず鉄のかかし》を採用するのもよいだろう。

 自己再生後は水属性水族レベル2の通常モンスターとなる。
 モンスター効果を受けず、更に通常モンスターゆえに効果モンスターメタを受けず、効果無効にされないが、ステータスが低いのが難点となる。
 低レベルや低ステータスサポートカードの中で有用なものは特殊召喚効果が多く、フィールド外では単なる罠カードとなってしまうこのカテゴリと相性が良いものは限られる。
 比較的有用なものには《湿地草原》があり、レベル2としては高めの攻撃力も手伝って攻撃力2400という高い数値を得られる。
 水属性をサポートするアクアリウムも相性はよく、《バージェストマ・オパビニア》などの蘇生も可能。

 自己再生後に墓地へ送られた場合除外されてしまうが、エクシーズ素材にすれば除外を免れる事ができる。
 墓地に送られればまた自己再生できるので、できるだけエクシーズ素材として活用したい。
 なおエクシーズ素材になった場合は罠カードとして扱われるため、《キャット・シャーク》戦闘破壊耐性を付与できない点には注意。

  • オレノイデス(Olenoides)は、バージェス動物群の1つであり、三葉虫の仲間である。
    頭部と後部から長い触覚が生えていたことが特徴で、このカードイラストにもそれが継承されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《バージェストマ・オレノイデス》 通常罠 罠モンスター(通常) 星2 水属性 水族 攻1200 守0 バージェストマ

広告