《バーバリアン・ハウリング/Battleguard Howling》

通常罠
(1):自分フィールドの戦士族モンスターが攻撃対象に選択された時、
または相手モンスターの効果の対象になった時、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与え、
そのモンスターを手札に戻す。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した通常罠
 戦士族モンスター攻撃モンスター効果対象になった時に、相手モンスター元々の攻撃力分の効果ダメージを与えてバウンスさせる効果を持つ。

 戦士族専用になった分、強化された《魔法の筒》とも言える。
 ダメージ元々の攻撃力分になったものの、モンスター効果にも対応し、トリガーになったモンスター以外も選択できる。
 さらに攻撃無効化がバウンス効果となり、《魔法の筒》ボード・アドバンテージに繋がらない欠点も解消されている。
 シンクロモンスターエクシーズモンスターや、《ダーク・アームド・ドラゴン》などをバウンスできれば、再特殊召喚を封じられる意味でも非常に効果的と言える。

 しかし自身が除去に弱い点は変わらず、効果チェーンしても効果無効にならない。
 戦士族対象除去効果を使われれば、カード枚数ではこちらが損をする。
 また、効果ダメージを回避されればバウンスもできず、攻撃を防げないことにも注意。

 フリーチェーン《強制脱出装置》ならば起動効果等は発動前に処理することも可能で、汎用性の面では劣る。
 あくまで「《魔法の筒》の強化版」でしかないことは留意しておくべきだろう。

 装備カードを装備したモンスターフィールドにいれば、一般にはモンスター側の除去が優先されがちなので、このカードの特性が活かしやすくなる。
 《異次元エスパー・スター・ロビン》墓地にいればフィールド上に戦士族が存在しない状態からも発動条件を満たすことができ、戦闘破壊も防げるため相性が良い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージを与える処理と手札戻す処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(14/04/19)

Q:攻撃力0のモンスターを選択して発動できますか?
A:発動する事はできますが、ダメージを与えられないため手札戻る効果適用されません。(14/04/21)


Tag: 《バーバリアン・ハウリング》 通常罠

広告