《バイロード・サクリファイス/Byroad Sacrifice》

通常罠
自分フィールド上のモンスターが戦闘によって破壊された場合に発動する事ができる。
手札から「サイバー・オーガ」1体を特殊召喚する。

 CYBERDARK IMPACTで登場した通常罠
 自分モンスター戦闘破壊された場合に《サイバー・オーガ》手札から特殊召喚する効果を持つ。

 発動条件は受動的であり、モンスター1体とこのカードを消費した成果が上級モンスター1体だけでは割に合わない。
 召喚権こそ節約できるものの、戦闘破壊されたモンスターも含めればカード・アドバンテージではマイナスである。
 相手ターンで使うにしても、《連撃の帝王》アドバンス召喚を狙った方が良い。

 また、《サイバー・オーガ》効果フィールド上と手札に1枚ずつ同名カードを必要とする都合上、手札《サイバー・オーガ》フィールドに移動させるべき状況はかなり限られている。
 《サイバー・オーガ》を用いる際は、フィールド上に用意する《サイバー・オーガ》《E・HERO プリズマー》カード名変更効果を使った方がリスクが少ない。
 相手ターン効果発動など、本物の《サイバー・オーガ》が優先されるケースもあるが、その場合でも《E・HERO プリズマー》墓地に落としてから蘇生を狙った方が楽である。

  • 「バイロード(Byroad)」とは、「わき道」を意味する英語である。
    イラストでは狭道に女性が逃げ込んでいるが、「生贄(Sacrifice)」の描写は見られない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《次元の裂け目》《マクロコスモス》等の影響下で、モンスター戦闘破壊され除外された場合、発動できますか?
A:はい、発動できます。


Tag: 《バイロード・サクリファイス》 通常罠

広告