《バオバブーン》

効果モンスター
星3/闇属性/植物族/攻1200/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「バオバブーン」を任意の数だけ特殊召喚する。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性植物族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した場合に1枚ドローして手札1枚をデッキトップデッキボトム戻す誘発効果破壊された場合に同名カードリクルートする誘発効果を持つ。

 (1)は召喚・特殊召喚に成功した場合に手札交換する効果
 直接的なアドバンテージは稼げないが、手札交換手札の質が上がる。
 (2)のリクルート効果で展開後も使用でき、回数制限もないため複数枚の手札交換も可能。
 【森羅】ではデッキトップ操作にも使用でき、種族サポートも共有できる。
 【天変地異コントロール】では《天変地異》の代わりとして利用でき、《天変地異》が存在する場合ではデッキトップを変えることで不要なカード手札加えることを防げる。
 また《RUM−七皇の剣》デッキトップ戻す利用方法もある。
 《大逆転クイズ》も相性が良く、召喚するだけでデッキトップを操作できるのは、《ゾンビキャリア》などにはない利点である。

 (2)の効果破壊された場合に同名カードを任意の枚数だけリクルートする効果
 戦闘効果など手段を問わず破壊効果発動でき、2体リクルートできればボード・アドバンテージを稼げる。
 さらに2体がそれぞれ(1)の効果を使えば2枚の手札交換が可能。
 手札に複数来た場合でも(1)の効果デッキ戻せるので、他の同名カード限定リクルーターより効果腐りにくい。

 このカード召喚し、自爆特攻自分カードの効果破壊することで2体の同名カードリクルートでき、3枚の手札交換を行いつつランク3につなげられる。

 総じて【メタルフォーゼ】【十二獣】等「キーカード手札にくると困るデッキ」や「自分のカードを自分で破壊大量展開を狙うデッキ」とは親和性が高い。

  • カード名は植物の「バオバブ属」と「バブーン(ヒヒ)」をかけたものか。
    バオバブとは主にサバンナやオセアニア地方に分布する植物の総称である。
    太く巨大な幹が特徴で、その形状は悪魔が引き抜いて逆さまに埋めなおした様だと例えられることがある。
    このカード闇属性なのはそこからちなんでいるのかもしれない。

関連カード

同名カード限定のリクルーターについては《ジャイアントウィルス》を参照。

収録パック等


Tag: 《バオバブーン》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 植物族 攻1200 守1000

広告