《バグマン(エックス)/Crashbug X》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻   0/守2000
このカードが召喚に成功した時、
自分フィールド上に「バグマンY」が表側表示で存在する場合、
自分のデッキから「バグマンZ」1体を特殊召喚する事ができる。

 GENERATION FORCEで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚に成功した時に条件を満たしていると《バグマンZ》リクルートできる誘発効果を持つ。

 互いに互いをリクルートする効果を持つが、指定されたモンスターが存在する発動条件が若干厳しく、そう簡単には満たせない。
 先にペンデュラム召喚などの手段で《バグマンY》特殊召喚してからこのカード召喚することになる。
 《キラー・トマト》《ヘルウェイ・パトロール》なら《バグマンX》、《バグマンY》《バグマンZ》の全部が対応するため、併用し特殊召喚できるようにしておくとよい。
 またいずれも《魔界発現世行きデスガイド》リクルート可能であるため、該当するモンスターリクルートしてから召喚する手もある。
 その場合は召喚権を増やせる《二重召喚》などを使いたい。

 《スーパーバグマン》特殊召喚を狙うだけならば《終末の騎士》などによって墓地へ送る方が楽なので、展開するならエクシーズ素材などに活用したい。
 《同胞の絆》《バグマンY》《バグマンZ》共々並べてリリースとし、次のターン《スーパーバグマン》特殊召喚を狙うという手もある。

 モンスター効果の発動に成功すれば、自分フィールドレベル3のモンスターが3体並ぶことになる。
 そこからランク3のエクシーズモンスターエクシーズ召喚したり、《D−HERO Bloo−D》《幻魔皇ラビエル》コストにしたりできる。
 また、召喚権を増やしているならば三邪神《オベリスクの巨神兵》召喚したり、《神獣王バルバロス》などの効果を使用したりすることもできる。
 《緊急テレポート》チューナーを呼び出してシンクロ召喚に使ってもよい。

 いずれにせよ、効果発動後の展開が重要になるだろう。
 《バグマンZ》《A・ジェネクス・バードマン》等でバウンスし、このカードとして残しておけば再び展開できる。

  • アニメでは通常モンスターの《バグマン》も登場した。
    そのフレイバー・テキストによると、バグを食べている電子の妖精で食べ過ぎたバグのせいで巨大化するらしく、満月の夜に姿を見たものは幸せになれるとのことである。
  • 街を混乱させたコンピューターウィルスも、このカードをモデルとしている。
    右京はこのウイルスをNo.の呪縛が解けた後も所持しているらしく、カイトが持ち去った皇の鍵の捜索のためにも使用されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのスピードデュエルでは、第14弾からリザルト時の画面に大量に出現して爆破する、上記のウイルスをイメージした演出が見られる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時自分フィールド上に《バグマンY》表側表示で存在しなくなった場合、《バグマンZ》特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/04/22)

Q:自分フィールド上に装備カード扱いの《バグマンY》表側表示で存在する場合、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/06/27)


Tag: 《バグマンX》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻0 守2000

広告